2017.10.30

禰宜山伏動画情報(脇方面)

木枯らし一号が東京にも吹いたそうですが、こちらは会社の子が脇正面からスマホで撮影した動画を見て暑くなっているようです。(山ノ神のこと)


■チビ(大黒天)は22:20~登場

30分もあるのに、ずっとぶれずに取ってくれたのでした。感謝です。
チビ目的で撮ってくれてたようなので、いつ出るのか、いつ出るのかと、草臥れてたようです。

☆ ★ ☆

ファイルを貰った時に聞いたのですが、大黒天が出る前まで幕内がガヤガヤしてて五月蠅かったと言うことも耳にしました。そうだんたんか?舞台で演じている方は全く気が付きませんでした。

それから、チビの台詞が無くて寂しかったとも。人気者やなぁ~~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.29

第30回万乃会ご来場御礼

足元の悪い中、第30回万乃会(万酔会)にご来場ありがとうございました。また、お気遣いも頂き恐縮です。



■大黒の面を着けずに、直面となったチビの大黒天。


■山伏を打ち込む様子。

大人どもは台詞や型でもトチリをやらかしてましたが、チビの大黒天は今までで一番良かった。袋も装束に縫い付けられてたみたいで、落とす心配もなかったんだとか。万作先生にも、良かったねと言われて、親としてはホッとしていますが、来年も親子でよろしくお願いしますと言うと「エエエー」という感じの反応が… 今年の会の番組見たら、大変だったしねぇ。

☆ ★ ☆

ここからは当日の様子をば。


■一応、朝、合わせました。小道具の変更もあったしね。


■山伏より強そうと言われた茶屋。まずは仲裁。


■やはり山伏が強そうですよね。


■大黒天を守りました。台詞も無いし、両手が塞がってるから、見所に手を振る心配なし!


■当日変更で、床几なし。


■まず、一撃。


■小槌はデカい

☆ ★ ☆



■パーティでは2つ年上の悠太君にべったり。玩具の光るグラサンで決めてます。


■演者の一言も大分堂にいってましたな。わしよりもね!

☆ ★ ☆

来年は、セリフもあって親子でしっかりお稽古できる曲が出来るといいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.25

2017年の万乃会(万酔会)情報【確報】

本日、手許に万乃会の番組が届きました。

ご案内します。

【PDFはここ】

第30回 万乃会

渋谷・セルリアンタワー能楽堂

2017年10月28日(土) 10時半開演


☆ ★ ☆

【★は万酔会メンバー出演】

10時半~
  痺
 ★禰宜山伏(山伏:加藤さん、禰宜:池田さん、茶屋:私、倅:大黒天)<----- 私・倅親子登場
  小舞 芦刈
     貝づくし
     海老救川
     鐘の音
  井杭

11:50頃
  地蔵舞
 ★磁石 (人買:小井沢さん、田舎者:大野さん、茶屋:竜楽さん)
  寝音曲
  水汲

13:50頃
  柑子
  萩大名
  川上
 ★小舞 海道下り(森井さん)
     田植
     道明寺
     景清 後
 ★千鳥 (太郎冠者:陸田さん、酒屋:西本さん、主:眞鍋さん)

     岩船 三段之舞
15:40頃
 ★鬮罪人(太郎冠者:福田さん、主:宮崎さん、連中:勝山さん、朝生さん、土屋さん、塩谷さん)

  独吟 業平餅
  小舞 宇治の晒
     土車
     七つ子
     大原木

  語 奈須与市語

16:50頃
  附子
  名取川
  首引

18:05終演予定

☆ ★ ☆


※禰宜山伏は2004年の万酔会でシテの山伏をやらせてもらっています。13年振りです。当時は大河ドラマ、清盛の前年だったんですよね。結局見てないけど。

☆ ★ ☆

昨年の痺で、絶句して後見をチラ見した上、舞台上で手を振ったチビ!
今年は、大黒天だから

1.台詞なし=絶句の心配なし!
2.右手に小槌、左手に袋を持っている=手を振る心配なし!

ただ、残念なのは大黒の面を着けることになったので、顔を見せられない… 残念。

そんな戯言は兎も角、お時間がありましたら、是非ご来場ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.17

2017年の万乃会(万酔会)情報【遅報】

7月に入ってから、公私ともにバタバタしており、本ブログのサイトに手が回っておりません。
が、来月末に恒例の狂言の発表会が迫っており、取り急ぎ告知します。

☆ ★ ☆

今年の2017年の万乃会(万酔会)は、例年と同じ 渋谷・セルリアンタワー能楽堂

2017年10月28日(土) 10時半開演

です。

万酔会メンバーの出番(他の社中の番組は現在把握しておりません)は、次の通り。

☆ ★ ☆

10時半から 2曲目に
・禰宜山伏(私=茶屋と倅=大黒天が登場)


※禰宜山伏は2004年の万酔会でシテの山伏をやらせてもらっています。13年振りです。当時は大河ドラマ、清盛の前年だったんですよね。結局見てないけど。


昼頃
・磁石

(数番あって)

・千鳥

(2番あって)

15時40分頃
・鬮罪人

詳細が分り次第、また告知します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.29

夏本番

今年は公私ともに身動き取れない夏です。
その中で、何とか休みを調整して、チビ向けのイベントを組んで遣り繰りしてます。偏に、両親が頑丈な体に産んでくれてお蔭で、無理をこなしてます。

でも、もう50なんですよ…

先日も株主優待を使って、東京サマーランドへ。私個人はそこよりも行きやすいとしまえんの方が好きなんですが、山ノ神はこっちが好きなんだよね。


この日は好天なのに空いておった東京サマーランド。去年のカミソリ事件のせいなのか?例年の真夏日の半分くらいしかお客さんの出が無かった感じ。ユーザとしては良いけど、株主としては微妙だな。

10時前に付かないと、レストスペースは良い場所が取れないのに、10時半でも取れたんだな。

ちなみに、このラッシュガードで参上したら、入場のチェックで引っかかった!
アロハの爺さん軍団に取り囲まれて、刺青チェック。半袖捲ったり、背中を捲られたり。子連れなのにさぁ。
ゲートも空港のチェック並みの厳重さだった。

☆ ★ ☆


■ムツゴロウ状態のチビ。


■身長は110cm未満。これ越えると、もうちょっと大人な遊具で遊べるんだけどな。


■6歳になって、一人で遊具に乗れるようになりました。

6歳の誕生日過ぎたので、あちこちの遊具で一人乗りが出来るようになった。コーヒーカップは大丈夫だけど、ビビりマンのチビはジェットコースターはまだ怖いようだ(西武園のキティちゃんのジェットコースターにて)。

110センチ超えたら、いろんなスリル満点の遊びが出来るんだけど、来年までお預けだ。

☆ ★ ☆

今回、ショックだったことがある。
Dobonという滑り台のプールを山ノ神とそれぞれ遊んだ時のこと。制限についてのアナウンスで「60歳以上の方は利用できない」と聞こえたのだ。

が~ん。あと10年遊べないのか…
天井が見えた瞬間でした。

まぁ、チビと遊べるのもあと6年だから、実害はないけどさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.30

六月尽

インスタでは何とか反社神経だけでupできているが、こっちはまともに書く時間が無かった…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.21

わんぱく相撲西東京場所に参戦

今日は念願のわんぱく相撲・西東京場所幼児の部。昨年は年中相当だったので、見学だけだった。今年は満を持しての参戦。


幼児の部80人近くいる中でわが保育園で参加するのは男児2名。一番仲のいいタカチャンとだ。


■この土の大鵬土俵が、田無神社のおすすめの場所。ここで相撲が取れるのか?!

開会式の前に、ちゃんと神社に必勝祈願もした。
宮司さんの挨拶の中で、「お詣りした人は手を挙げて?」という話があったが、何とうちの子含めて、数名パラパラだった。宮司さん、可愛そうだなぁ。


■市のお歴々、神社の宮司の挨拶の後、禁じ手の説明。そして準備体操。


■余裕噛ましてるチビ。


■3回戦進むチビのトーナメントのグループの面々。頭一つ分、小さい。2勝目はきついな。


■なのに、余裕かますチビ。審判員の蝶ネクタイを弄っている場合か。

9時から対戦開始。チビの1戦目、大逆転で勝ち残った。必勝祈願のお蔭か???
2戦目は、体格の差か完敗だったが…

☆ ★ ☆

幼児の部は、わんぱく相撲の番外編。優勝しても全国大会に出るわけでもない。
参加証の手形とちゃんこを振る舞ってもらっておしまいのようだ。

それでも、単純な競技で、親は熱くなるね!
負けてしまうと、もう応援できないので寂しいが。

去年参戦した6月の川越八幡の子供相撲は、空手教室や柔道教室の子らが次々と勝っていったが、ここの相撲は大らか。地元の子供が相撲を取っている感じで、良かったね。

☆ ★ ☆

これが、今日のチビの取組み2番。応援に気が行って、ちゃんと撮影できてない…

今年の川越八幡の子供相撲は、野山北・六道山公園の里山民家の田んぼ作業とかち合って、参戦できず。残念。次は小学校に上がって、もうちょっと勝負勘つけてからだな。頑張れ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.14

まだまだダネ、ワトソン君!

3月4月の唐人相撲、GWの台南外遊のツケを払っております。
当然、この週末は節句働き中です。
しばらく弁当ではなかったのですが、流石に「中華」「ほか弁」「中華」「ローマ軒」といったローテだと飽きてきたので、自作の「おっさん生姜焼き弁当」です。

高校時代の同級生が「男子弁当」とか言ってインスタにアップしておりますが、私のはただ豚肉喰いてぇ、生姜焼き喰いたし、のり弁が良い!!というだけの代物。

と言う訳で、何とかやっております。

☆ ★ ☆

GWの成田空港にて、IBMのワトソン君搭載のペッパー君に、見事噛まされました。
ほんま、許せん。
自分では、30代とは言わないまでも、40代前半で通じると思っておったのですが…

この無音動画を見てください。(山ノ神が動画撮影失敗して、音がないのです… ああ、怒りの絶叫が。)

これからワトソン君と仕事をするかも知れないと言うのに、一切信じられん!

元IBM社員の後輩曰く「あれぇ、日本語化も完了してあるのだが。。相手が未知数だったんですね。きっと!」ダトヨ!

5歳のチビも当てられずのペッパー君でした。以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.29

唐人相撲月間終了

3月最終週から始まった唐人相撲月間も、先週土曜の大阪フェスティバルホール祝祭興業をもってあっという間に終了。早1週間経ちました。

いつもならとっくに飾っていた五月人形や鯉幟も、先日慌てて押入、天袋から出してきたところ。飾るとやっぱり節句の爽やかさを感じます。

チビは楽屋のモニタでしか見ていないが、唐人相撲の台詞がお気に入り。ホーチャーやチントンリョウより、ズウキイクウの方がお気に入りのようだ。下の動画の様に、しょっちゅう演っている。


■これは世田谷の楽屋。本当に展示物みたいな文官。

当然のように大阪公演に一家揃って西上。2600人のキャパがどんな感じになるのか、演る方は戦々恐々、チビは爺ちゃん婆ちゃんに会えるのでウキウキの道中。


■左上、右下の舞台写真は世田谷公演のもの。公式サイトから。やっぱり、ワシは太いなぁ。


■稽古後、出番を待つ大阪での楽屋。時間有りすぎたんだな。


■そうこうしているうちに、大入り袋が!破らずに振って出すのがしきたりなんだって?

☆ ★ ☆

大阪バージョンの台詞を考えたり、フェスティバルホールの舞台に合わせた微調整をしたり。2週間のブランクを当日の申合せで調整。大過なくと言いたいところだったが、私個人は出番の直前、暗闇の中で足踏み外して転倒。強か膝と手を打った。装束が破れなかったか、冠や笏などの小道具が壊れなかったか、一瞬冷や汗をかいた。大事なくて良かった。

大阪のお客さんは万作師皇帝のコロッケ台詞はスルーしたものの、他の台詞では大受け。優しいなぁ。受けまくりながら終演。演者は機嫌よく撤収しておりました。

☆ ★ ☆

次回は10年後なのか、その前なのか。もしかしたら数年後にお祝いの会という声もあるけど… 数年後だったら、チビの唐子の目があるかもね。分からんが。

☆ ★ ☆

今回、万作の会の各師の素人弟子の方々も集まって、私にとってはオール万作一門という場に参加できたのが良かったかな。万之介先生ご存命中に出ておけばという気もしなかったでもないが、50の節目の歳にやったということも意味があるかもしれない。

深田師、高野師と間近に接する機会もなかったので今まで分らなかったが、深田師の教え上手には感心した。

石田師も私が大阪の毎日新聞に居たことを覚えていて、これもビックリしたなぁ。

機会があるなら、こういうお祭りに参加すべきだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.17

今週末は大阪で唐人相撲

3日間の世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演「唐人相撲」がも無事終えて1週間。

今週末は、大阪フェスティバルホールにて今回の唐人チームのラスト公演。5倍以上のキャパの2600人席。後ろの席の方は、オペラグラス必携ですね。

世田谷PT公演を見た友人は「唐人の中で一番強そうでした」とのコメント。

打上でもM師も「折角大きなキャラなのに当て書きできなかったのか心残り」と言う始末。


■未就学児入場不可なので、楽屋のモニタで鑑賞のチビ。

今回は残念ながらチビを客席に入れられず、上記写真のように楽屋のモニタで鑑賞させた。稽古場に連れて行くことも考えたけど、こちらが稽古に集中できなくなる恐れもあって、断念。

次の唐人相撲が掛かる時に、チビも出られたらなと思って唐子4人の様子を観察したのだった。
稽古のウエアを見たら、バ○ィ幼児園らしき文字が… そりゃ、体操はお手の物だな!

☆ ★ ☆

世田谷PTの託児所にも、劇場のモニターが装備されていたようで、保育士の先生に万作先生に習っているんだとか、お父さんが唐人に出ていると説明をしていた模様。チビ自身は、ホーチャーより、ズーキークーの方が気に入っていたらしい。


■舞台がはねたら、キャロットの最上階で子守サービス。辛いねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«愈々、唐人相撲初日