2018.06.30

二人の愛 笑ってるだけではダメなのだ

今週半ば、太田愛の「天上の葦(上・下)」(KADOKAWA)を一気に読み終えた。久米宏のラジオなんですけど(2018/04/21)のゲストコーナーに彼女が出てきて、読んでみようかなと軽い気持ちだった。いやはや息詰まる展開だ。前の2作を全く読んでいなかったが、全く関係ない。

調べてみると、昨年2月のダ・ヴィンチニュースで

実社会で起きている異変。今書かないと手遅れになる

構想の発端について太田さんはこう語る。

「このところ急に世の中の空気が変わってきましたよね。特にメディアの世界では、政権政党から公平中立報道の要望書が出されたり、選挙前の政党に関する街頭インタビューがなくなったり。総務大臣がテレビ局に対して、電波停止を命じる可能性があると言及したこともありました。こういう状況は戦後ずっとなかったことで、確実に何か異変が起きている。これは今書かないと手遅れになるかもしれないと思いました」

(ダ・ヴィンチニュース 2017/02/27)

同じ様に、今の忖度社会にしっかり異議を唱える二兎社の永井愛。その新作を先週の日曜(2018/06/24)に、東京芸術劇場で二兎社の「空気2 誰も書いてはならぬ」を最前列で見てきた。

キッチュの怪演に腹を抱えてガス抜きしているようじゃダメで、日本語が通じないこの国の偉いサンを支持している、もしくは政治に無関心でいる市民に、「やっぱりおかしい、替えないとダメだ」と思わせないと拙い。

多分、この芝居を観た方々は、同じ志向の人だろう。そうではない人々を感化させないとダメなんだよね。

一緒に観た山ノ神は、半ば諦めの境地のようだ。無力感から国を捨てかねない人も多いのではないか?

☆ ★ ☆

この変な空気。2014/8/14の大阪MBS「ちちんぷいぷい」に取材された時から感じていたんだよな。だから、TVでも変な空気と答えたんだ。

■私が出る直前辺りから(4分)ここの1:00~から登場。

本当に、小さな火のうちから消さないと何も出来なくなる。考えないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.05.20

運動会の歌は何処行った

今週末は運動会とわんぱく相撲西東京場所(昨年の様子)。
雨が心配だったけど、好天に恵まれた。誰か晴れ男がいるんだろう。

春先に運動会って、ピンと来ないけど、まぁ青い芝生が眩しい良い季節なのは確か。
40年前は、運動会の時に「運動会の歌」を歌った記憶がある。今年の番組を見ると、校歌は有るけど、「運動会の歌」は見当たらない。何か物足りないなぁ、と思っていたら、歌詞に「校庭秋風めぐり」というのがあったからかな。


■正面見て走れよな…


■マイケル・ジャクソンの曲でダンス。30年前の曲と言うことだろ。えええ~って感じだ。〆は星野源のドドドラえもんだったけど。


■自分のチームが勝つとそれなりに嬉しいようだ。

それにしても芝生の校庭はいいねぇ。土埃舞わないし。これなら、地下足袋じゃなくて、裸足で良いはずだな。でも、みんな靴履いて走っていたけどね。

☆ ★ ☆

40年振りに小学校の運動会を見て、隔世の感だった。先生方のサポートの献身ぶり。やはり、モンペ対策なの?
騎馬戦見てたら、じれったく感じだね。子供たちも運動能力が格段に下がった感じもしたしなぁ。

☆ ★ ☆


■倅は、案の定学年で一番小さいから、探しやすかった。

☆ ★ ☆

一方、昨年に続いて、わんぱく相撲にエントリー。
小学生の部は、1~3年は55人程度の参加者だけど、4年以上はガクッと減るんだね。皆さん、お受験?


■廻しはいいね。


■最近、自分のことを「オレ」(発音は、カフェオレのオレで、調子狂うんだけど)と言う倅。生意気な態度だ。



■一旦、送り出し気味に良い形になったんだけどなぁ…

う~ん。残念。
来年は特訓させて、出るかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.05.12

45歳下の後輩

はや、倅が小学校入学して1か月経った。

入学前は学童が楽しいと言っていたけど、学校は詰まらないとほざいておる。送り迎えが無くなって親としては大分楽になったが、保育園みたいにチヤホヤしてくれなくて、不満なのかねぇ。


■入学式には着物で出席の山ノ神。PTAの役員以外で着物の母親は山ノ神以外は1名しかいなかった!2%だよ。



■お約束の悪ふざけ。


■こう見るとしおらしくしているみたいだが…

校舎は建替えて40年前とすっかり変わってしまったけど、入学式で校歌を歌えて感慨深かったなぁ。今歌っても良い歌詞だ。

☆ ★ ☆

さて、ビックリしたのは、授業参観というのが無くなって、学校公開というのに様変わりしたこと。
年間10回、土曜にある。開かれた学校を演出したいのかね?

里山民家の田んぼ活動とバッティングしてて、休まなあかんしなぁ。
毎年同じ時期みたいだから、もう代かきにはいけないのか。

3連休の土曜日に組合さってて、わしみたいに暦通りにしか休めないものにとっては、もうちょっと少なくてもいいのにと思う。

閑話休題。今の校舎は教室と廊下の仕切がなくて、隣の組の様子も丸見えで、同じ科目の教え方を比べながら拝めるのはいい。倅の担任は今年中野か杉並から転任してきた中堅どころみたいで、隣の組よりは上手に教えておった気がする。恵まれたかな。

予想通り、倅は一番チビで、落ち着きもない…

先が思いやられるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.04.25

血は争えない

チビの入学式から早2週間。1カ月前は、保育園児だった倅。時間の経つのが早い。あと数日でGWじゃないか。


■卒園式でのヱビス太鼓披露


■卒園式で配られたマグカップ。園児たちの将来になりたい職業のコスチュームに顔写真を貼っ付けたもの。名前と顔がすぐわかる名鑑みたいで、もっと早く欲しかった!!!とこぼしたら、山ノ神が某ママ友から「4月の集合写真で覚えるのよ」と言われたそうだ。

上記写真の卒園式で各人の将来の夢(なりたいもの)が紹介されていたんだが、10数人の男児中サッカー選手は4人ほどいたのに、野球選手は皆無。時代を感じるねぇ。親の公務員率が高かったクラスだったせいか、警官、消防士など親の職業を将来の夢にしていた子も多かった。

で、倅は科学者だと。米村でんじろう先生大好き、香川照之カマキリ先生大好きだからなぁ。
誰に似たんだと思っていた。

倅が入学した小学校は我が母校。校舎を建替してしまったので殆ど40年前の面影が残っていない。
昔はこんなんだったよ、と教えてやろうと思って、卒業アルバムを出してみた。


■ショウリョウバッタとカブトムシの刺繍を縫ったんだったな…

お決まりの後半に文集が載っていて、我が40年前の駄文を読んでみると…

理科実験クラブだった吾輩が「実験はおもしろい」とか書いてあるじゃないか。あちゃー。血は争えないな。
と言うことは、小さいころ科学者に憧れてても、大きくなると全く別の事(例えば、狂言とか今の仕事とか)やってんだよね。


■今の実験室にはマッチはあんのかね?

ほんま、人生なんてわからんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.04.12

いろはにポテト

秋11/18(日)の目黒の喜多能楽堂での万乃会に向けて、今年の狂言の稽古がスタート。
昨年は台詞のなかった倅も、今年はしっかりと言葉がある曲「伊呂波」。狂言で親子の役柄は聟物を別とするとそんなに多くない。子供が金法師(かなぼうし)となるのはこの伊呂波と金津地蔵くらい。流石に金津地蔵をお稽古するのは恐れ多いしね。

一昨年の痺(しびり)の時  (※動画)は、字が読めないのが前提だったけど、今度は6歳で字も読める。台本を読み易いように平仮名で書きました。習字は昔取った杵柄だしね。

倅はなかなかじっとし取れなく、万作先生に正座の仕方を注意されたり(普段、ちゃんと声が出てるか胸に手を当てて震えるように声を出せと行っていたら、バカ珍が師範稽古でもやりやがった…)、前を向けと注意されたり、先生の後で声を出せと言われているのに、一緒になって言ってみたり。字を追うと声が小さくなるから、「自然とやっているうちに言葉を覚えると言い。先生の口移しでやろう」と仰ってもらって、ほくりほくりと習っております。

ぐったり。二人分お稽古している感じ。

さて、この伊呂波。倅には「いろは歌」を教えていなかったので、初めて口にすることになる。何と、「いろはにほへと」が「いろはにポテト」と言ってやがる。あちゃちゃ~。下の音声がその部分。

おだてすかして、どこまでしっかりできるかねぇ。8か月あるから、しっかりやらないと。万作先生には「親次第」と言われてますしね。

☆ ★ ☆

と言う訳で、今年の万乃会(万酔会)は、11/18(日)@目黒・喜多能楽堂。いつもの渋谷・セルリアン能楽堂ではありません。
万酔会メンバーの曲は、

伊呂波
入間川
薩摩守
文相撲
貰聟
文荷

といったところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.03.22

暑さ寒さも

暑さ寒さも彼岸までとはいうものの、春分の日は都内でも雪が積もりましたね。
いやはや、この冬は寒かった。雪も結構降った。前回の大雪の時(2014年2月)の時、雪掻きで往生したので、「金象印 かるーい象ショベル丸形 剣先スコップ」を買ってたのだ。

漸く4年の時を経て活躍… 

いやはや、雪掻きは雪掻き専用の方が作業しやすいね。スコップに雪がこびり付いて、掻く度に地面に叩きつけないといけないんだった。

☆ ★ ☆

雪と言えば、先月の建国記念日の3連休時、津鉄のストーブ列車の旅へ行ってきた。



■チビははやぶさE5系は初乗車。

新青森へ行くはやぶさって、全席指定なんじゃないか。今回初めて知った。未就学児でも、席を大人と共有は流石に厳しい。仕方なく、子供料金のチケット(三連休パス)を用意した。

五所川原へは、新青森からバス。JRで移動したかったが、バスが便利だったんだな。


■五所川原はのへ丼だよね。市場で物色中。


■後で考えても、しじみラーメンより、のへ丼だったな。


■腹ごしらえしたら、津軽鉄道(津鉄)の五所川原駅へ。異人さんもいるね。

時間の関係で終点の津軽中里までは行かず、金木で下車し、太宰参りにした。
未就学児つれての強行軍は難しいよ。


■だるまストーブの真横の席を何とか確保。暑かった。


■石炭だもねぇ。乗務員のお姉ちゃん、可愛いんだけど、津軽弁バリバリでギャップが…


■津軽のリンゴジュース。ストレートで美味しい。

金木を降りて、昔はここが津軽で栄えたところかと感慨に耽りながら、斜陽館と三味線会館をウロウロ。


■斜陽館前。

斜陽館の中では、中二階のある階段で、山ノ神が大阪(近江)商人だった祖父母の家みたいだとはしゃいでおった。太宰って金持ちだったんだよねぇ。小作から巻き上げてたんだよねぇ。

三味線会館で、じょんがらの叩いて出す音を初めて理解した。へぇ。


■金木駅はタブレットなんだ。


■折角だから金木駅の駅員さんとタブレット持って記念撮影。チビがノロノロしてて、わたしゃ気が気でなかった。上り列車がこのタブレットないと動かんでしょ!


■金木駅に到着する下り列車。夕方でも結構乗車しているのだ。

津鉄の待合のTV、五所川原でも、金木でも、オリンピックじゃなくて、Jリーグ掛かってたよ。
放送しているの津軽のチームじゃないのに。

☆ ★ ☆

翌日は三内丸山遺跡の冬祭へ。山ノ神は自分の雪装備していたのに、チビのを失念。雪でずぶ濡れになりながら、雪中リンゴ掘り、雪だるまつくり等を楽しんでいた。近所の人はソリ持ってきているけど、旅行者の子連れはソリが無いんだよ。売店で売ってないし。

長靴はレンタル有るんだけど、ソリはないんだ… 旅行者用に用意してくれたらいいのに。300円でも500円でもいいんだけどな。


■成田ゆめ牧場でもやったな。パン焼き。


■何故かスフィンクスとピラミッドの雪像が…

ずぶ濡れになったので、館内で暖まりながら遊ぶのだった。


■クルミ割りはまあまぁ。


■火起こしもやってみた。



■古代人の弓遊び。相変わらず下手だ。見よ、下の動画を。

この遺跡の施設は、無料で結構楽しめた。うちの近所の下野谷遺跡はここまで贅沢に広い土地がないからなぁ。


☆ ★ ☆

三内丸山遺跡へ来た理由は、隣の青森県立美術館に行くため。ウルトラセブンマニアは成田亨のコレクションを拝みに行くでしょう。チビにセブンに会えるよと焚き付けたのだが、結果や如何に。


■青森県立美術館は真っ白。


■奈良美智の青森犬!これだけは写真OK

本当はここのカフェで食事するつもりだったが、早々に店じまいしてんだよ!食べるところは、三内丸山へと言われちゃったよ。もう雪の中、歩きたくないんだよ。自販機でいいから、軽食用意してくれんかね。締るの早すぎる。

チビは成田亨の作品が少なくて、期待外れだった模様。

一方、山ノ神と儂ら大人は、シャガールの大きな絵3枚と他館の展示物がたまたまここにきてて大満足。こういうのもあるんだねぇ。

☆ ★ ☆

兎にも角にも、スキーじゃない雪遊びをしたこの冬でした。

桜も咲いたし、もう春だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.02.15

今さらながら

今年の年末年始の話をするのは、立春もとうに過ぎてあれだけれども、まぁ旧正月だからいいか。
何せ、今までとは違った過ごし方だったんでねぇ。


■西伊豆・戸田の露天風呂から望む元旦の富士。

結婚して以来約10年間のパターンは、大晦日に弟一家が来て、実家と合わせて年末年始。河豚鍋、すき焼き、初詣、父の墓参。鯛や河豚や牛肉は我が家が仕入担当だが、お節の用意は実家の母にお願いするというもの。

喜寿になろうという母には、このお節が酷なようだ。「昔なら2時間で出来たことが丸一日掛かってしまうとか、老眼で髪の毛が煮物に入っても分らない、味も自信がない。今年は勘弁してくれ」と泣き付かれてしまった。

ここで、料理に自信があれば自分でやると言うことになるけど、残念な技量なのでねぇ。
母の煮物はどれも美味しいので、弟も言っているが、食べたかったのだが、仕方ない。おふくろの味をチビに味合わせたいと思っても、もうダメなんだな。結婚するのも、次世代を作るのも15年は遅すぎた。

更に今年は、暮れに弟の長男が誕生して、弟一家も揃わないなぁと言うこともあり、初めて大晦日に宿を取って正月を迎えることになった。

婆さんのためには海鮮だな。伊豆にしよう。折角だから、西伊豆で高足がにを食べて、イチゴ狩りして、三島大社で初詣というストーリーに。


■お約束の駿豆線修善寺駅で鉄道員の恰好。敬礼好きだねぇ。


■冬の伊豆と言えばやっぱり江間のイチゴ狩り。今シーズンもストロベリーファーム21へ。


4年前に初めて来たときは1週間に8人くらいだったのが、今じゃ200人なんだって!!!シーズン最初の頃のイチゴが大きくて甘いことを教えてもらったなぁ。


■露天風呂から望む大晦日の駿河湾。向うの明かりは沼津の港。


■初めて食べる高足がに。うまい!!!!


■初詣の三島大社。やっぱり、福太郎餅だね。

今回大晦日にお邪魔したのは西伊豆・戸田の「海のぺんしょん マリンビュー」。なかなかここの女将さんのやる気がヒシヒシと伝わる宿でした。斎藤ひとりさんの代理店もやってたんだねぇ。
チビは隣のテーブルの同世代の男の子と遊びたくてうずうず。気さくに友達作れるのが、長所かねぇ。両親とは違うね。

ペインティングにイイヨよ、高足がにの甲羅を貰ってたんだが、まだ何もしてないな。

☆ ★ ☆

宿で雑煮食べたり、餅つきしたりして、楽ちんな正月だった。
これもアリかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.01

謹賀新年2018

今年もよろしくお願い申し上げます


こんな風にみのり多い年になりますように!

チビも字が読めるようになったので、今年はセリフも台本読めるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.30

五十歳にして疾風怒濤の後半戦

今年は夏に50にして人生の大きな転機があり、11月、12月と殆ど更新できませんでした。
疾風怒濤の後半戦となりました。


■成田ゆめ牧場・羅臼地人会のSLにて

☆ ★ ☆

 1月:IZOOにて、金の蛇を纏う
 2月:チビの初スキー@草津
 3月:満50歳。野山北・六道山の里山民家のボランティアに正式参加
    世田谷パブリックシアターの20周年公演「唐人相撲」に参加。初稽古。
 4月:世田谷パブリックシアターの20周年公演「唐人相撲」3日間と大阪・フェスティバルホールの祝祭大狂言会に。
    里山民家の荒起こし
 5月:GW二度目の台南行
 6月:里山民家の田植
 7月:初桃狩り。人生の転機到来・疾風怒濤の後半戦
    チビの誕生日に日本旅行ゲーム贈ると、どツボにはまったチビ。
 8月:3度目の台南。初芒果狩り。初阿里山ご来光体験。
 9月:事務所を神田須田町・万世橋南詰にする。この頃から11月まで大学の学祭で科学実験見学巡業。
10月:万乃会(万酔会)で禰宜山伏の親子共演。私が茶屋、チビが大黒天。
11月:里山民家の脱穀。みかん狩り。
12月:練馬大根引っこ抜き競技会初出場。

休む暇なく1年が通り過ぎた感じだ。

☆ ★ ☆

チビも遂にクロールで20m泳げるようになり、来年からは小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんと同じクラスで泳ぐようになったなぁ。

字が読めなかったのも、読めるようになり、保育園で読んだがらくた工作の本を覚えてきて、居間を工房にしたり、成長したなぁ。110センチには届いてないけどさ。


見て覚えて、さっと作るところが頼もしいね。

☆ ★ ☆

みなさん、良いお年を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.30

禰宜山伏動画情報(脇方面)

木枯らし一号が東京にも吹いたそうですが、こちらは会社の子が脇正面からスマホで撮影した動画を見て暑くなっているようです。(山ノ神のこと)


■チビ(大黒天)は22:20~登場

30分もあるのに、ずっとぶれずに取ってくれたのでした。感謝です。
チビ目的で撮ってくれてたようなので、いつ出るのか、いつ出るのかと、草臥れてたようです。

☆ ★ ☆

ファイルを貰った時に聞いたのですが、大黒天が出る前まで幕内がガヤガヤしてて五月蠅かったと言うことも耳にしました。そうだんたんか?舞台で演じている方は全く気が付きませんでした。

それから、チビの台詞が無くて寂しかったとも。人気者やなぁ~~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«第30回万乃会ご来場御礼