« 夕陽がきれいなのは | Main | いったい、この国は.... »

2004.01.27

菩薩@男余り

とっているメールマガジンは熟読する方じゃないけど、

【日刊デジタルクリエイターズ】:[#1450] 男余りは悲劇か (笑わない魚/
永吉克之)は、爆笑。

吉宗公のころの江戸の町の男女比がほぼ2:1。長屋の男らは大抵生涯独り者という話。

   「俺が結婚を諦めれば、その分、他の誰かにチャンスが回ってくる
   のだから、これも人助けってものさ」と思えるようになったら、もうあ
   なたは菩薩である。」

ぐはは。まだ菩薩にはなってないけど、半分なりかかってるかもなぁ。

★ ★ ★

ネオダーウィニズムが台頭して、エリートになれない下層民がそうなる日もあながち遠い日
じゃないかもしれない。。。。。

|

« 夕陽がきれいなのは | Main | いったい、この国は.... »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 菩薩@男余り:

« 夕陽がきれいなのは | Main | いったい、この国は.... »