« 猛牛の名 | Main | 蛮カラから程遠く »

2004.01.31

横丁のフランス人形

十代目 桂文治師匠。お亡くなりになったそうです。
横丁のフランス人形の小気味良い噺は、ずっと記憶に
残っています。
(TVでよく見た記憶があるんですが、どの番組だった
かなぁ。多分、NHKだった気がするんだけど)

最後に聞いたのは、学生時代に末広亭のトリだったか。
噺が何だったか、覚えていないのが、落語通じゃない
悲しさです。

合掌。

(補記)父によると、保谷駅近辺でよく姿を見掛けたそうです。

|

« 猛牛の名 | Main | 蛮カラから程遠く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横丁のフランス人形:

» 桂文治死去 [路傍亭]
桂文治師匠が亡くなられました。落語芸術協会会長だったのですが、 落語家というより、ガンコ親父が高座でグダグダ言ってるようのな落語が好きでした。 平家物語ひろいよ... [Read More]

Tracked on 2004.02.01 13:20

« 猛牛の名 | Main | 蛮カラから程遠く »