« かべ | Main | ゆづりは »

2004.01.10

使い勝手

一人一言語?:Sociological Inquiry

で、M$の言語仕様が単一なのが困りもという風に言ってます。

私は、M$の日本語ワープロでも使い難いと思うんですけどね。
Excelで文章ベースの資料作る企業が少なくないのも、その顕れ。
私はいつも「こんちきしょー」とイライラするんで、殆どエディタで作成。
見せ物にするときに、仕方なくワープロソフトやパワーポイントにコピペ。

聞くところによると、見栄えを重視するのは日本くらいで、罫線の
仕様も日本のものが充実しているらしい。日本人は、数値が右寄せ
に表示されているだけでも、ぶーすか言うんで、WEBでのいろんな
アプリでは開発者は頭抱えていたみたい。米国では、意味が伝われ
ばいいというものなんでしょう。

新聞の段組(レイアウト)でも、日本の新聞にはいろんな仕来たり
があるし、整理部がかなり凝った紙面を作るけど、米国はそうじゃ
ないもんね。テキスト流し込んでるだけじゃないの?と思うことも。

それとアメリカ人は、ウィザードが好きなんだよね。余計なこといっぱい
してくれて迷惑なんだけど。使う人間は、脳タリンという前提がある
なだな。日本は、現場の能力を信頼している作りが好まれるんですよね。

・・・・・・・・

和英併存は出来るかもしれないけど、右から左へ文字の流れるアラ
ビアと英語の併存は出来るのかな。。。。。


|

« かべ | Main | ゆづりは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 使い勝手:

« かべ | Main | ゆづりは »