« 13歳のハローワークの気になるところ | Main | 金の有り難みと惜しむ気持ち »

2004.02.11

後付

ごまめのつぶやきさん経由で
東京新聞「特報:ニッポン外交大丈夫?専門家はかやの外、まずイラク派遣ありき」
(田原拓治:2004/2/10)を読んで、日中戦争突入後に「中国を知ろうという本末転
倒な動きがあった」ことを知る。

 ☆ ☆ ☆

「この間の自衛隊派遣をめぐる論議で、中東研究者の声がまるで聞かれなかった。
日中戦争に日本が突入した一九三〇年代、日本では戦争が始まった後に“中国を知ろう”
という本末転倒の動きが起きた。いまの事態はそれを想起させる」
(臼杵陽・国立民族学博物館教授。1月下旬の中東研究の草分け的存在である
板垣雄三・東大名誉教授を囲む会合にて)
 ☆ ☆ ☆

更に、イスラム教徒で居ながら酔って刃傷沙汰を起こした元拓大教授が政府の中東方面の御用学者になっていたことも初めて知る。

何かおかしい。

反社会学講座というのもありますが。。。。。


以前、ono:そして欲望は創造された♪で、「市場は創造されるもんなんですよ。」
とシンフォニーホールの支配人がホールオープン一年後に大阪でのクラッシック
のマーケットが拡がった話を紹介。

その時に僕がその投稿にコメントしたのは、有名な靴のセールスマンの話。
検索してみたらMSのサイトにも原文に近いものがあったので引用。

 ☆ ☆ ☆

AとB。ある2人の靴のセールスマンが、 ある島へ商品を売りに出かけました。 Aは「あの島には市場はありません。 だって靴を履く習慣がないんですよ」 もう一人のBは「ここは、大きな市場だ! ここに住む全員が将来、靴を買ってくれる可能性があるから!」 さあ、どちらが本当でしょうか? これは市場をどう捉えるかの問題。 これは極端な話ですが、事業(商品)企画では、 必ず市場規模を計算する必要があります。 (「企画提案書のノウハウ・ドゥハウ~市場規模を計算してみる」より)

 ☆ ☆ ☆


調査結果の数字(情報)は、それを利用するものによって解釈が180度変るんですよね。


|

« 13歳のハローワークの気になるところ | Main | 金の有り難みと惜しむ気持ち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 後付:

» そして欲望は創造された♪ [ono]
★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。 -----------... [Read More]

Tracked on 2004.02.11 14:09

« 13歳のハローワークの気になるところ | Main | 金の有り難みと惜しむ気持ち »