« れっつら~に復帰 | Main | 働くおじさん編 in 丸の内 »

2004.03.14

本間宗久翁秘録

相場秘伝 本間宗久翁秘録を読む―希代の天才相場師に学ぶ必勝の鉄則
(青野 豊作・著/東洋経済新報社)
を探しているんだけど、なかなか見当たりま
せん。2年程前の本なんですけどね。譲っても良いという方、いませんかね。

隣町の図書館には有るようですが、地元には所蔵されてないんだよなぁ。

この本間宗久。恐らく上杉鷹山にも関係ある酒田の米問屋の出身者(だと思う)で、
あのロウソク足の発明者。

ネットで調べたところ、株価のチャートでキャンドルスティックと呼ばれて海外でも
使われるようになったのはこの10年なんだそうだ。株式投資に使ういろんなチャー
ト。ボリバン、ストキャス、移動平均線、一目均衡表。これらとロウソク足を組み合
わせて、市場の雰囲気を掴んでいます。もし、ロウソク足がなければ、ひと目で雰囲
気をつかむことは難しいでしょうね。

★ ★ ★

和算の算額も最近見直されているそうですし、江戸時代の日本の経済の仕組や
が数学的思考かなり高度だったんですよね。

★ ★ ★

今年初めて株式譲渡にかかわる確定申告を計算。昨秋から信用を始め、取引の総額に
吃驚。損益は把握してましたんですけど。。。。。
少ないタネ銭でこれだけの額(秘密)になるんだから、デイトレーダーと呼ばれる方
は途轍もない額になってますね。

|

« れっつら~に復帰 | Main | 働くおじさん編 in 丸の内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本間宗久翁秘録:

« れっつら~に復帰 | Main | 働くおじさん編 in 丸の内 »