« 新音声端末・京ポン | Main | タマネギとコレラと納豆と放射能 »

2004.04.28

吊革の正しい持ち方

先週、同僚と東京メトロで移動中の雑談で、

吊革は、進行方向に向かって立って持つ様に設計されている(らしい)。

と教えてくれました。

おおお。言われてみれば、列車内の吊革の配置は、肩幅に比べて狭いよな。
全ての吊革に掴まって乗客が窓に向かって並ぶのは、文字どおり肩身が狭い。
大体、進行方向に向かって立つのは、バランスが悪い。急停車では、横向き
より転けると思う。

設計者は疑問に思わなかったのだろうか。。。 力学的(転けにくい)にも社会
常識的(席に座った同乗者と会話する)にも。

ネットで、吊革の設計とか持ち方の記載がないか調べてみたけど、これしか
なかった。

その代わり、吊革の持ち方について実地調査した小ネタを見つけました。
ちなみに私は、「DX手首」「手首掛け」常習です。

★ ★ ★

髪の毛が寂しくなった大森の主と一緒に電車に乗ったときは、席の前に立つと
怒られるんだよな。そう言えば。「見下ろすんじゃない!」
って。

|

« 新音声端末・京ポン | Main | タマネギとコレラと納豆と放射能 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 吊革の正しい持ち方:

« 新音声端末・京ポン | Main | タマネギとコレラと納豆と放射能 »