« 旧暦の七夕 | Main | どこから手をつければ »

2004.08.26

架空請求

ついにうちにまで、やってきました。例の督促の架空請求通達。(これ)

移行を以降、回答を解答という誤字も笑えるし、問合せ先は霞ヶ関になっていな
がら、電話番号は080の携帯で、消印は荻窪というのもお粗末。

無視すればいいのかと思いきや、京都市市民生活センターの緊急情報によると
小額訴訟を実際に起こす事例が出始めているとか。黙殺していると、

「そのサイトを利用した心当たりがなくても、裁判所から「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」が送られてきた場合,出頭しなければ自動的に裁判に負けてしまい,請求金額を払わされることになります。」

とか。油断も隙もあったものじゃない。

|

« 旧暦の七夕 | Main | どこから手をつければ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 架空請求:

« 旧暦の七夕 | Main | どこから手をつければ »