« アクア 中央再登録・放牧 | Main | YWFC »

2006.01.26

第33回野村狂言座(2006/1/25@宝生)

未見の犬山伏、松囃子が掛るので、これまたチケットレスキューで入手。両曲とも遠い曲だと思うが、舞台を見てなるほど労多くして功少なしの感じ。筋自体は。

流石に18時半入りは難しく、犬山伏の山伏の名宣り辺りで見所へ。高野さんの山伏、ぬるいなぁ。台詞も型も。茶屋の竹山君、絶句?らしきところもあり不安定。これは僧の深田さんが台詞をとちったか、飛ばしたからなのかもしれないが。う~む。何だか、おさらいしましたという感じで、辛かった。

萬斎さん息子の裕基君の宇治の晒。今は狂言を嫌にならなければいいので、あれでよし。どういう風に稽古をつけているのかを考えるだけで面白い。

富士松は渋いねぇ。万酔会で先輩方が組んで稽古をしていたのを見ているのだが、万作・万之介の老兄弟がやるとなかなか。上もカタカタ、下もカタカタ。

松囃子はやはり万歳太郎の萬斎さんの一人舞台。無布施経でもそうだが、人間の弱いところ、内面の表現はちょっと駄目。いつになればOKかは何とも言えないが、まだ勢いが有り余る。

今日の3曲の中で一番正月のお目出度さを感じてしまったのが冨士松。普通は違うんだろうが。。。

|

« アクア 中央再登録・放牧 | Main | YWFC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/8353251

Listed below are links to weblogs that reference 第33回野村狂言座(2006/1/25@宝生):

« アクア 中央再登録・放牧 | Main | YWFC »