« 第33回野村狂言座(2006/1/25@宝生) | Main | 私の日本語辞典(野村万作)@NHKラジオ第2 »

2006.01.28

YWFC

NHKのクローズアップ現代でLD事件を2回シリーズで特集。1日目の1/26は堀江個人のバックグラウンドの考察。今は懐かしのYWFCのサイトと新井さんを映し出していた。

☆ ★ ☆

今回の騒動の主役・ホリエモンとは1度だけ一緒に呑む機会があった。96年3月上旬のナリタブライアンが勝った阪神大賞典の日。弟がMLとYMFCに参加していたのもあって、新井さんをはじめYMFCの面々が大挙して来阪、競馬の後、阪急東通りで呑んだ。名刺交換してオン・ザ・エッヂも堀江もその時はじめて知った。もらった名刺がオン・ザ・エッヂのものと、多分個人会社なんだと思うけど別の悲劇の競走馬名を社名にしたもの。こっちが毎日に所属しているのを見て、「毎日はJAMJAMとかインターネットに力を入れているんですよね。応援してます」と営業トークもあったな。彼の会社がその後マザーズに上場するまでとは想像できなかった。あの時はホリエモンより新井さんの方がインパクト強かった。クロ現でホリエモンのことを「マネーゲームをするような男には見えなかった」とコメントしていたが、馬券の賭け方が半端じゃない新井さんだからなぁ。ははは。そこまでは映像からは読み取れないよね。

10数年前当時は、日本一の競馬サイトのだったんだよなぁ、オン・ザ・エッヂが運営していたダービースクエアは。僕のサイトもそこの一口馬主の部門にリンクさせていた。いつのまにかダービースクエアはインターネットの遠い歴史の一頁になってしまったようだけど。

☆ ★ ☆

髭は変わらずだが、ツルッとしていたなぁ、新井さん。高崎がなくなって、どうしているかと気になっていたけど、一昨年の秋に、岩手で馬(ヤスノウィニングの子・ヤスノコミューン)を走らせているのを知って懐かしかった。

|

« 第33回野村狂言座(2006/1/25@宝生) | Main | 私の日本語辞典(野村万作)@NHKラジオ第2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/8387314

Listed below are links to weblogs that reference YWFC:

« 第33回野村狂言座(2006/1/25@宝生) | Main | 私の日本語辞典(野村万作)@NHKラジオ第2 »