« またカチカチ山 | Main | 昇天 »

2006.02.11

頑丈な身体

カチカチ山はしばらく続く。風邪は当分ひけないなぁ。
頑丈な身体に感謝。。。。 

そんな中、今週は胸に突き刺さる詩を知った。

☆ ★ ☆

「謝れ職業人」

「ああ、今日も会社に泊まり込みで仕事だよ」

つかれた声でいう
職業人は
謝れ
すべての「だめなヤツ」に
細い声で
謝れ

「ああ、忙しい 忙しい」

朝早く家を出てゆくひと
乗り換えの駅で朝食をかっこみ
後続列車に乗ってゆく
職業人は
謝れ
手をついて
謝れ
すべての「だめなヤツ」に
謝れ

「俺はやっとやりがいを見つけた」
なら
謝れ
仕事にきちんと就くことは罪なのだから
それをきちんと謝罪せよ

そう、あなた
今日も働いて働いて
上司に怒鳴られてもがんばって
同僚とのおしゃべりで気晴らしして
ときどき仕事でも嬉しい事があるんだよ・・・
それなら
足下を見ろ
そこに横たういくつもの白い腹を見ろ

白いブヨブヨした腹を踏みつけてサーフィンしているのがあなた
イエイ♪ゴーゴー♪しているのがあなた
内臓破裂の暖かさに包まれている
あなたは
すべての弱いものに謝罪せよ
あなたの強さを謝罪せよ

仕事

 仕事

  仕事

取引

 連絡

  申し送り

あなたがそうやって一生懸命生きる事で壊してきた
そしてそうやって一生懸命働くことで壊している
すべてのダメなもの弱いものアホなもの
恥ずかしいもの腐ったもの古くなったもの

謝罪せよ

 あなたが彼らの年金を払ってやることに対して
 謝れ
 あなたが彼らの医療費をまかなうことに
 謝れ
 あなたが彼らを保護しいたわり慰めることに
 謝れ
 
3月15日くもり
自分がたまたま頑丈であり
毎朝おはようと笑って出かける
そのことに
ごめんな
さい

☆ ★ ☆


2ちゃんねるに記された匿名の詩。2004年2ちゃんねる公式ガイドでも紹介されているようで、「家族の痕跡-いちばん最後に残るもの-」(斎藤環/筑摩書房)でも紹介されているとか。この本は近々に読む予定。

生きているだけでも、いろんなところに影響を与えているんだよ。自分は安全地帯に居るんだ、多数派にいるんだと油断している人たちに突きつけた刃。


永六輔が話題にしていた「給食費を払っているんだから、子供に『いただきます』を言わせない母親」がいるが、聞かせてやりたい。理解できないかもしれないが。生きるということが、いろんなものの犠牲の上に立っているということを。食べると言うことが、生き物の死によって成り立っているということを。「いただきます」は、命を奉げてくれた生き物へ感謝の祈り、食事を作るのに関わってくれた方々への感謝の言葉なんだよね。

・知った先:ラジオプロデューサーのお仕事
      フーコー研究日誌

|

« またカチカチ山 | Main | 昇天 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/8610516

Listed below are links to weblogs that reference 頑丈な身体:

« またカチカチ山 | Main | 昇天 »