« 泥縄 | Main | 皇居のお濠の桜の便り »

2007.03.18

鉄冠子

帰宅中、TBSラジオを聴きながらチャリを漕ぐのだが、先週の前半のラジオブックスは、杜子春を朗読していた。

杜子春はもう中一の時に読んで以来だから、30年近くの彼方の記憶しかない。地獄に落ちた両親の顔をした痩せ馬のシーンだけしか覚えていなかった。どんな話だったか気になって、青空文庫で再チェック。仙人の名は「鉄冠子」だったか。三国志に出てくる左慈のことか?大昔に読んだ本を再読するのもまた楽しい。そう言えば、中学高校の頃、吉川英治に狂って文庫を揃えていた時は、親が貸してくれと言って読んでいたな。そんな感じか。

鉄冠子の部分と、片目など一部の部分は、龍之介のオリジナルの挿話らしい。原典の杜子春伝にはないとか。恐らく日本人の大部分は杜子春を読まされているから、名前くらいは知っているということもあるが、大陸ではどうなのだろう。

|

« 泥縄 | Main | 皇居のお濠の桜の便り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/14306418

Listed below are links to weblogs that reference 鉄冠子:

« 泥縄 | Main | 皇居のお濠の桜の便り »