« プロとアマとアマチュアリズム1 | Main | 人間国宝は後進の育成が義務 »

2007.07.20

カンムリウミスズメの回

「ダーウィンが来た」の「カンムリウミスズメの回」。泣ける。
通常2羽の子を育てるこのカンムリウミスズメ。雛鳥が巣立ちの際に蟹に岩の隙間に引き込まれてしまったり、岩場に落ちてしまったりして、親鳥の待つ海辺に辿り着けない親子もあるとか。番組では運良く親子4羽揃って海へ旅たった組と、雛のうち1羽はうまく親子再会出来たが、残りの雛は断腸の思いで見捨てて行く組を紹介。

何だか太平洋戦争で大陸から引き上げで乳飲み子を残していった60年前の日本人を連想させる。親子の無情な別れは鳥だけでない。。。。

☆ ★ ☆

最近は日曜のこの時間に自宅に居ることも少なく見る機会を逸していて、この酔漢さんのコメントを見なければ録画して見なかったな。

カンムリウミスズメの小さな物語も必読。
あの島で楽しむ釣り人よ、ここを読んでくれ。

|

« プロとアマとアマチュアリズム1 | Main | 人間国宝は後進の育成が義務 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/15827124

Listed below are links to weblogs that reference カンムリウミスズメの回:

« プロとアマとアマチュアリズム1 | Main | 人間国宝は後進の育成が義務 »