« 兵庫のおじさん見てしまった | Main | 舞台の水(真実について) »

2007.07.14

バック・トゥ・ザ・フューチャー2 イン オーサカ

今週は出張で大阪へ。いくつか仕事をこなし、昔10年間お世話になった職場へ顔出し。大阪出張はこれまでに何度もしているが、デザインの仕事をしているNさんのところの事務所には寄っても、前の職場へ顔を出すのは本当に辞めて以来9年ぶり。受付で取り次いでもらうのも変な気分だったが、それよりも約10年ぶりの前のフロアに足を踏み入れた時の衝撃は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」だった。マーティ役のマイケル・J・フォックスが、イトウフジツウ氏に首を宣告されるあの映画。映画では30年後の未来だったが。

自分だけが入社当時のつもりの面持ちだが、目の前の光景は白髪や薄くなったり、頬のしわが目立つようになったりした先輩方の姿。備品から何から前の通りなのが、タイムスリップ感を強くさせる。自分が辞めずにいたら、遠い未来に来てしまった気分にはならないのだろうが。

逆に言うと、自分が同じように老けている筈なんだよな。毎日付き合っている本人には分からないのだが。

普通は同窓会に行くと昔に戻ると言うが、自分だけ違う世界に行って昔の仲間に久方に会うと、昔に戻らないんだ。未来に行った気分になるんだ。発見。

|

« 兵庫のおじさん見てしまった | Main | 舞台の水(真実について) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/15749468

Listed below are links to weblogs that reference バック・トゥ・ザ・フューチャー2 イン オーサカ:

« 兵庫のおじさん見てしまった | Main | 舞台の水(真実について) »