« THE BEE日本バージョン(2007/7/7@シアタートラム) | Main | 兵庫のおじさん見てしまった »

2007.07.09

華があるから駄目なのか

土曜に観た野田秀樹のTHE BEE。同じ三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで掛かっている野村萬斎の国盗人。今まで観てきた萬斎演出の梅ノ木や藪の中、こぶとり、鏡冠者を見ている限り、期待できるものがないし、長時間椅子に縛られているのは拷問だと思い行くことは止めた。

国盗人は観ていないのでコメントはしないが、先の彼の演出はどうも臭い。演者としては華があるからか、演者の小手先で済ましてしまっている気がしてならない。手元にないが確か岩波から出ていた「狂言三人三様」で彼の新作や演劇に対する危惧する点として、観世栄夫が言った言葉が的を射ている。「狂言という自分の土俵に持ってきてしまう嫌いがある」という意味の言葉だったかと思う。

遊眠社で一つの時代を築いた野田が、イギリスから戻ってきて、演劇の形を新しく作り上げ、しかも時代に即したメッセージ(例えば反戦)をこめているのに対し、同じ英国留学したのにこれでいいのだろうか?(鴻上もそうだが)

学生の頃、ござる乃座の立ち上げ時に打合せをする機会が何度かあったが、好きなコメディがチャップリンと聞いて、何てコンサバなのかと思ったのを思い出す。僕らの世代なら、モンティ・パイソンではないのか? あの衝撃はなかったのか??? 彼らが新しい笑いを作ろうとしたことをどう思ったのか?(モンティ・パイソンについてコメントした形跡がないんだよなぁ。あんなの下品だとかいうのでもいいのにさ) と、まぁ、がっかりしたんだけどね。

演者としては華があるんだから、演者に徹して欲しいよ。


|

« THE BEE日本バージョン(2007/7/7@シアタートラム) | Main | 兵庫のおじさん見てしまった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/15708969

Listed below are links to weblogs that reference 華があるから駄目なのか:

« THE BEE日本バージョン(2007/7/7@シアタートラム) | Main | 兵庫のおじさん見てしまった »