« コンソラーレ僅差3着 | Main | プロとアマとアマチュアリズム1 »

2007.07.18

そうだったのか!間狂言

又三郎家の野口君のノブログを久々に覗いて見たら「間狂言ってむずかしいんです」の項で、

☆ ★ ☆

「ずっと前にも間語りについて、大鼓のせんせいに「立派だった」と言われたことがあって、そのときはほめられたのかと思ってましたが、いま考えるとそうじゃなかったんだろうと思います。間狂言らしいところに納まってなかったんでしょう。」

☆ ★ ☆

とあった。

こどもニュースの池上彰じゃないが、「そうだったのか!間狂言」、と言うか「立派の意味」。20年前に、学生能で田村のアイを勤めた事があるのだが、その時シテの先生方に「立派だったよ」と声を掛けてもらったこともあって、僕も錯覚していたのかも。「邯鄲」とは違うし、素人と玄人で言葉の意味も全然違うかもしれないが。

言葉って難しい。褒めているのか、苦言を呈しているのか、同じ言葉でも全然違う。まぁ、涙でも嬉し泣き、悔し泣きと正反対なものもあるから、言葉だけではないのだが。

世の中、「直ぐに分かること」だけじゃないと思っておくにこしたことはない。

|

« コンソラーレ僅差3着 | Main | プロとアマとアマチュアリズム1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/15793507

Listed below are links to weblogs that reference そうだったのか!間狂言:

« コンソラーレ僅差3着 | Main | プロとアマとアマチュアリズム1 »