« 川崎平間の焼肉なでしこ | Main | 川崎・平間の2つの焼肉店(なでしこ、北京) »

2008.06.13

南場3局役満振込

今年満69歳の父。5年前の夏、小脳出血。開頭手術2回から無事生還。杖をつく状態だが、まぁ健常者並みだった。ちょっと安心していたら、この役満劇。まだ、ドボンにはなっていないだけマシなのだが、予断は許されないなぁ。

☆ ★ ☆

火曜の朝、その週末の安田記念等の馬券について談笑。最終の東京を勝つなど珍しくこの週末はプラスで終わった父だが、ふと笑みが消えたと思ったら、背中が痛いと脂汗を垂らす。いつもの嚥下障害かと思って、母に任せてこっちは普通に出勤。そうしたら、昼にもう保たないかもとの連絡。

5年前の時も、救急車を呼ぶまでのことはないと思っていたが、母はこれは拙いと119番のコール。その時も自分の鈍感さに頭を抱えたが、今回も母の好判断の119番だった。

7時45分に119番コールしたものの、近所の救急車は出動済みでやや遠隔地の車が出動。約20分で到着。今話題の救急搬送受入拒否もあって、30分後に受け入れ先確保で救急車発車。9時過ぎに病院着。2時間強検査したところ、胸部大動脈瘤破裂を確認。手術台が空いている別の病院へ搬送。12時半過ぎに二番目の病院に到着。13時半より手術。

血圧も60台まで落ちたようで、当時付き添っていた母は、今生の別れ、見納めをと医者に言われた模様。実際に、胸部大動脈瘤破裂は、30~50%くらいは搬送中に頓死するらしい。

☆ ★ ☆

という訳で、南場3局で役満振込ドボン寸前という状態。
オーラスで巻き返しなるか。

胸部大動脈瘤破裂後の術後の情報は、ネットで検索してもなかなか参考になりそうなのは見当たらない(破裂前の手術や破裂後の手術でも予後不良など)ので、落ち着いたら整理するつもり。まぁ、自分自身の聴神経鞘腫についても、纏めようと思いつつ、もう14年経ってしまったんだよね。聴神経鞘腫の体験談も、ネットではあんまり見当たらないんだよなぁ。。。。

☆ ★ ☆

(2008/6/17追記)
聴神経鞘腫の手術治療体験談は、老舗のBANさんのとこ以外にも、そこそこありましたね。
ボクが手術して丸14年。もう治療法も変わってるのかな?これは分からないわ。

で、うちの父親は、13時半に手術開始し、20時前に終了。いくつか懸念事項があるけど、九死に一生を得たかと思う。
後遺症がどれだけ出るのかまだ分からないし、また一般病棟、社会復帰への道のりもどうなのかは未知数だが。

喫煙を習慣にしていて、高血圧の方は、血管障害が出る可能性があるから、胸部の撮影は必須かも知れませんね。これらは、通常の採血じゃ分からないもんね。

|

« 川崎平間の焼肉なでしこ | Main | 川崎・平間の2つの焼肉店(なでしこ、北京) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/41515525

Listed below are links to weblogs that reference 南場3局役満振込:

» 【大動脈瘤】についての検索結果をリンク集にして… [あらかじめサーチ!]
大動脈瘤 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます… [Read More]

Tracked on 2008.06.19 at 06:24

« 川崎平間の焼肉なでしこ | Main | 川崎・平間の2つの焼肉店(なでしこ、北京) »