« 2008万酔会ご来場御礼 | Main | 狂言足袋は何処へ »

2008.12.18

ICUシンドローム

12/6の万酔会の翌日、リハビリ病院に入院中の父が熱発。1週間頑張るも救急病院へ。緑膿菌、MRSA、セラチアのオンパレードで感染症が悪化しバタバタ。医師のカンファレンスは、老母じゃ心許ないみたいで、必ずボクが呼び出される。こうやって病院通いをしていると、家族のいない身寄りのない人間は病気が出来ないなと思う。手術だけじゃなく、何か大きな治療をする時は、誰かの署名が必要だし、病院側からの病状説明などは家族以外にはしてくれないしね。

☆ ★ ☆

ICUシンドロームという言葉も初めて聞く。「世話になったな。さよなら」って、捨て台詞を吐いていた父。「こんな老人の手足を縛りつけるなんて、そこまでして生きていたくない」と正論を言われてしまうと、正常なのかどうなのか混乱してしまう。一般病棟に戻った時、父は何処まで譫妄状態から回復できるのか。

☆ ★ ☆

それにしても、今年は喪中欠礼の便りが多い。調べてみると、例年の倍は届いている。そういう年回りなのか。

|

« 2008万酔会ご来場御礼 | Main | 狂言足袋は何処へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/43461580

Listed below are links to weblogs that reference ICUシンドローム:

« 2008万酔会ご来場御礼 | Main | 狂言足袋は何処へ »