« そういう年回り | Main | スメルジャコフ倶楽部に今年も入会資格なし »

2010.12.27

禍福は糾える縄の如し

辛いものは辛い。
今日も泣ける話を聞いてしまった。
落着いたらここにも書けると思うのだが。。。

☆ ★ ☆

昨日の投稿を見て、最近喪中のはがきを受け取ることが多くなり、
そういう年回りを実感していると言うメールを頂きました。

2年前に父親を亡くしたときは、下半身不随の闘病生活が半年、日々弱っていく
姿を見ていたので、その日が来るのを覚悟する時間がありました。
また、芯を失った母親を支えねばという自負もあり、悲しんでばかりはいれらない
ということもあったのでしょう。今回のことほど、ショックはありませんでした。
ほんと、そういうものなのかも知れません。

☆ ★ ☆

ただ、今日はもう一つの希望のある知らせもありました。
こちらも落着いてきたら書けることでしょう。

禍福は糾える縄の如し。

|

« そういう年回り | Main | スメルジャコフ倶楽部に今年も入会資格なし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/50418222

Listed below are links to weblogs that reference 禍福は糾える縄の如し:

« そういう年回り | Main | スメルジャコフ倶楽部に今年も入会資格なし »