« 万酔会はどうなるの | Main | 乳すわい乳すわい »

2011.06.16

意味深な転出届

六郷(東京大田区)の間借りした家を離れて早10日。夫婦それぞれ生まれ故郷に戻っての別居生活と相成った。お互いの都合で、私は雑色の出張所、山の神は蒲田の本庁で転出手続きをした。傍から見れば、性格の不一致による離婚を前提とした別居に見えるよねぇ。お腹大きいのに、意味深だよねぇ。。。

この時間差転出、郵便局の転居手続でも波紋があった。普通は家族全員が転出か、どっちかが残るというパターンなのだが、同時に別々の転送届をだしたものだから、現場が混乱。私宛の郵便物が山の神の元へ。クレームを言って、漸く今日から普通に転送されるようになった。生駒宛の転送シールの上に、東京の宛先が貼り付けてありますな。

☆ ★ ☆

引越の整理も全然終わらんねぇ。物を一杯捨てなきゃならない。小学校の時から買った本も処分を決意。21世紀にはリニアモーターカーが走って、チューブの高速道路という夢物語が一杯書いてある図鑑は、読む価値ないもんねぇ。どれだけ捨てられるかな。

|

« 万酔会はどうなるの | Main | 乳すわい乳すわい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/51964044

Listed below are links to weblogs that reference 意味深な転出届:

« 万酔会はどうなるの | Main | 乳すわい乳すわい »