« 関西のババチャリ | Main | 団栗眼 »

2011.07.08

彼らが最初●●を攻撃した時

夏バテ気味で、ナマギモ、ユッケ、焼肉を喰いたい今日この頃。体重を落とさねばならないから、我慢の毎日。

とは言っても、先日大阪なんばでヤキニクエストの殿堂店・多平で一人焼肉。でも、今一感だったんだなぁ。浜松町のくにもと本店も、感動は少なし。思い入れと言うか、期待が強いとダメですなぁ。

まぁ、ユッケは平間のなでしこに勝つ店はない気がするのだが、ここ1年食べに行っていないから、どうなっているだろう。ネットの口コミサイトでは誹謗中傷が多い気もする店で、自分の舌で確かめないと何とも判断できないんだけどね。


ツイッターを見ていたら、@hKodamaのこのTLを見つけた。

~~~~
「彼らはユッケを規制した。でも私はユッケを食べないので何もしなかった。次に生レバーが規制された。でも私は内臓肉は好きではなかったので何もしなかった。そして刺身が規制された。私は抵抗したかったが,もう何もできなかった。」
~~~~

わたしゃ、ユッケも生キモも大好きだが、そんな恐れを感じるな。

山の神にこのtweetを電話で知らせても、ふ~んと面白がってくれず。本歌を知らないみたいだ。。。

(本歌)

マルティン・ニーメラーの詩『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』

First they came for the communists, and I did not speak out,
(When the Nazis came for the communists, and I did not speak out,)
because I was not a communist;

Then they locked up the social democrats, and I did not speak out,
because I was not a social democrat;

Then they came for the trade unionists, and I did not speak out,
because I was not a trade unionist;

//////////////////////////////////////////////
Then they came for the Jews, and I did not speak out,
because I was not a Jew;
//////////////////////////////////////////////

When they came for me,
and there was no one left to speak out for me.

日本語訳の有名な奴

ナチ党が共産主義を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった。

ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった。

ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。

ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、それは遅すぎた。


☆ ★ ☆

いずれにしても、生ギモやユッケが食べられなくなると寂しいな。

|

« 関西のババチャリ | Main | 団栗眼 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 彼らが最初●●を攻撃した時:

« 関西のババチャリ | Main | 団栗眼 »