« 万之介先生の形見分け | Main | 羽毛布団 »

2012.02.21

創刊記念日

今日2月22日は前の職場、毎日新聞の創刊記念日。今年で140周年にあたる。離れて10数年になるが、いまだに新聞を下から読む癖が取れない。今日の朝刊本紙も別刷りも周年を祝う広告と記事で埋められていたが、そのころと比べると大人しくなった気がする。

2月のこの創刊記念日前後というと、内勤(広告連絡・制作)でも外勤(広告営業)正月紙面を終えると直ぐにやってくるイベントだった。普通なら120とか125など5の倍数のキリのいい数字の周年の時にイベントを催すもの。他紙はそうだが、我が前職場は121だろうが126だろうが関係なく、今年は●●周年ですとアピール。営業は頭を抱えながら活動していたと思う。嬉々としてやっていた方はいたのだろうか。まぁ、幹部が特集で売り上げた昨年実績に代わる方策もなく、今年も周年特集で広告を集稿しようとする気持ちも分からないでもない。でも、これは前職場の事情。広告を出稿する広告主としたら、妙な気分だろう。キリの悪い数字の周年記念に、特別出稿なんて。

それに普通の業態であれば、自社の周年イベントであれば、お客様に還元するものなのにその逆。勿論、費用のお勉強もしているけど、いつもと違う広告を出してくださいという訳なのだ。

高度成長期、利益をみすみす税金に取られるくらいなら、損金処理出来る広告を打つという流れだったろう。だが、バブル崩壊後は費用対効果を重視してお付合い広告は減る一方。みんな余裕がなくなったのだ。

☆ ★ ☆

普通なら3・1/8(サンヤツ)、3・1/6(サンムツ)と決まっている朝刊一面の書籍の全3段。今週は創刊記念で、一社物となっていて中々面白い。今朝は岩波の広辞苑なのに、夕刊2面の特集では岩波縁故入社の記事でチクリ。相変わらず編集と広告の連携が悪いねぇ。商売下手だ。これが朝日だったら、日を大分離して特集を組んだだろうに。

|

« 万之介先生の形見分け | Main | 羽毛布団 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/54043082

Listed below are links to weblogs that reference 創刊記念日:

« 万之介先生の形見分け | Main | 羽毛布団 »