« 君には見えたか | Main | へっ?亭主関白? »

2012.09.30

昭和家電

TBSラジオの森本毅郎スタンバイ!の現場にアタックにコーナーで紹介されていた「足立区立郷土博物館で行われる昭和家電展が大人気!」(2012/09/17)を親子三人で見に行ってきた。

「タイムスリップ昭和家電。増田健一コレクション」

北多摩地区で育った私には、常磐線沿線の足立区はほとんど足を踏み入れない地域。綾瀬を降りて、初めて東武バスに乗り込んで行きました。


■若き日の由美かおるのお出迎え。

コーナーは小さかったけど、昔の雑誌やポスター、TV、ラジオの番組表も並んでいて、一気に引き込まれた。CBCという会社を救済した大塚化学が、カレー粉の処分に困って出来たというボンカレーの誕生裏話は初めて知りました。TV型ラジオとか全然静かでないのにサイレントという名前の付いた扇風機とか。

常設展の昔の都営住宅も面白い。みんな家にあったものばかり。
と、まぁ懐かしんでいたら、「昭和30年の台所」の展示物を見た山の神にぐわ~んと一撃された。今住んでいる家は1990年築の中古なのだが、キッチンがボロい。本当に20年前のキッチンなの?と詰め寄られていたところに、この昭和30年のを見せつけられたのだ。もしかしたら、キッチンはもっと古いのかもねぇ…

☆ ★ ☆

暮れから2月にかけて、大阪天神橋でもこの昭和家電の展覧会があるそう。愚息連れて西上した時に是非よりたい。

☆ ★ ☆

六郷に住んでいた愚息が生まれる前、昭和のくらし博物館へ山ノ神と歩いていったことがある。あの昭和の一軒家が懐かしい感じもあり、面白かった。私のイメージする昭和の家は母方の祖父母の家であり、山の神のイメージする昭和の香りは同じように親戚一同が集まった家。我々の子供時代(ここで我々と言うと6つ下の山の神にシバカレルが)のより、10年ほど遡った感じのものばかりなのだが、それでも自分たちが育ったのはそれに続いているんだということが実感できる。

山ノ神とは、同じレトロを味わいに浦安に天麩羅を食べるついでに遊びにいったこともある。浦安市の郷土博物館。ここも面白かった。


■施設内の売店にて。ここには山ノ神の実名が…

個人的には、同じ地域のネズミ―ランドよりずっと面白いと思うのだが、ネズミ―好きで何度も浦安通いをしている面々に聞いても、何それ?という反応だった。浦安って、私の子供の頃はハゼ釣りの場所だったんだよね。何度か親父に連れられて行ったんだわ。

☆ ★ ☆

昭和が良かったかと言うと、よく分からないねぇ。「本当は怖い昭和30年代-ALWAYS地獄の三丁目 『あの頃はよかった』は全部ウソ!-」という本も出ているくらいですしね。

|

« 君には見えたか | Main | へっ?亭主関白? »

Comments

昭和家電と言えば、あかるいナショナル〜、ひかるひかる東芝〜のコマーシャルソングを思い出すわ
確か電気釜はTOSHIBAのロゴがあったと記憶、家電じゃないけど富山の薬売り、オマケにくれる紙風船嬉しかったな!
昭和って、空気に時節を感じられましたよね。
私が懐かしいと感じるのは経木、お肉やさん、魚屋さんお菓子やさん、お寿司屋さんみんな使ってました。あの香りが懐かしいです

Posted by: なる姉 | 2012.10.03 at 07:28

どもども。経木は築地ではまだ使ってるんじゃないですかね。
あれに赤や黒のマジックで字を書いてましたねぇ。
適度な重さがあるから、プラのそれとは違って遠くから投げられるんですよね。


おにぎりの苞皮、藁苞の納豆、どこ行っちゃいましたかね。

姉さんところからは、足立のお化け煙突は見えたんじゃないですか?

Posted by: | 2012.10.03 at 22:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/55786291

Listed below are links to weblogs that reference 昭和家電:

« 君には見えたか | Main | へっ?亭主関白? »