« 片づけたい女たち@東京芸術劇場(2013/01/20) | Main | やっぱり土建屋 »

2013.01.27

ポン酢をかければ何でもうまし

和風の味覚大好きの愚息。婆さんの加薬ご飯は大好物でムシャムシャ食べ、酢の物の胡瓜モミもゴクゴクと三倍酢を飲み干す。


■アナゴの天麩羅も、鰻のかば焼きも大好物。

反対に洋風のは触手が伸びない。
先日も山ノ神の手作りピザ(マルゲリータ)を一口しただけで皿に戻すし、コンソメ味のポトフもアンマリ喜ばない。ホウトウはバクバク食べるのに。

本当に嫌になっちゃう。誰かさん(拙者)に似てると言いながら山ノ神はため息をつく。
そんな時は、「サイバラの悪知恵」。必殺ポン酢掛けなのだそうだ。

「スタイルも顔もいいのですが、妻の飯がマズイんです。はっきり言うべきでしょうか」とボヤク男へのサイバラの回答。
「焼いてポン酢をかければ何でもうまし。」
西原理恵子・著「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント」

これくらい前向きにならんとな。私は「まあじゃんほうろうき」からのサイバラファンなのだが、山ノ神はサイバラの下手な絵が苦手。面白いよと勧めてもあんまり読まないが、この「生きる悪知恵」と「この世でいちばん大事な「カネ」の話」は共感してた。
(ヤマザキマリも漫画よりエッセイの方が才能あるなとも、サイバラと似たようなことを言っていたけど)

☆ ★ ☆

そんな訳で、和風にしてしまえば何でも喰う愚息。
味だけでなく、喰い方のこだわりも拙者に似ている。山ノ神は「蜆は出汁だ」と言って身をあまり食べたがらないが、愚息はしっかりと喰う。浅蜊も貝柱が殻に着いて残っていると、箸が使えないので取ってくれと再三私に突き出してくる。

普通は食の嗜好は母親に似るというのだが… 行く末が本当に楽しみだ。


■好物の浅蜊の味噌汁を啜る愚息。


|

« 片づけたい女たち@東京芸術劇場(2013/01/20) | Main | やっぱり土建屋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/56641107

Listed below are links to weblogs that reference ポン酢をかければ何でもうまし:

« 片づけたい女たち@東京芸術劇場(2013/01/20) | Main | やっぱり土建屋 »