« くまモンの親戚 | Main | 我が家の啄木 »

2013.05.13

母さん何処よ鯉のぼり

童謡、唱歌の歌詞。うろ覚えや間違って覚えているところは多々ある。
他人のことは言えないのだが、山ノ神が唱歌「こいのぼり」(甍の波ではなく、屋根より高い~の方。)で、大きな真鯉の次の小さい緋鯉が「おかあさん」だと言い張った。


■お決まりのたけくらべ。家族総出で抑え込み…

ん~、小さい緋鯉は子どもたちだろ?って反論すると、そんなことはない。と再反論。
ネットで調べてみると、「こどもたち」で合っている。

「おかあさんはどこいったの?」と不満げな山ノ神。

お母さんがお父さんと子どもたちを傍から微笑ましく見ている様子を歌にしたのだと思うと、お母さん鯉が居なくても納得がいくじゃない。そういてT見たのだが、どうだろうか。


■風が無くて寝ているうちの鯉たち

☆ ★ ☆

この唱歌の作詞は近藤宮子。83年から93まで掛けて、JASRACを相手に著作権訴訟を起こして勝訴し、「チューリップ」と合わせてこの歌の著作者として認めさせたと言う。それまでは、学習院のえらいさんでもあるJASRACの会長が、著作権者として著作権料を貰っていたのだとか。

近藤宮子の凄いところは、著作権料が欲しくて争ったのではなく、嘘はいけない(作詞したのは自分だということ)という信念で10年も戦ったこと。先年も雅楽奏者に雅楽の著作権料を申告せよ騒ぎで最近はJASRACの悪役ぶりが目立ったが、30年近く前からこんなんだったのか。

それにしても、カルチャーセンターで雅楽を習っていると、受講者は幾らかの雅楽の著作権料を支払っているというのも驚きだねぇ…

☆ ★ ☆

4月末から床の間で飾っていた五月人形と兜。
愚息はしょっちゅう覗きに来て、あ~とかう~とか指差していた。
今年はちゃんと兜の角を生やしました。愚息は帽子とか被り物は嫌いなんだけど、兜は大好き。不思議だ。

|

« くまモンの親戚 | Main | 我が家の啄木 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/57379101

Listed below are links to weblogs that reference 母さん何処よ鯉のぼり:

« くまモンの親戚 | Main | 我が家の啄木 »