« 母さん何処よ鯉のぼり | Main | これこれ杉の子起きなさい »

2013.05.15

我が家の啄木

愚息が実家の家を指差し叫び、天下の公道やお店の中でも構わず叫ぶ。
「ビンボー」

これがその模様だ。


■寝っ転がった下の新聞。築地とか大手町の新聞社より給料少ないとみんなが知っているけど、1歳児の愚息に言われたくないよね。私の所属していたところだが…

最初にこの言葉を耳にしたのはこうだ。
ご近所さんと山ノ神が立ち話をしているときに、実家の呼び鈴を指差して叫んだそうだ。

「ビンボー」

これを聞いたご近所さん。慌てて「貧乏じゃないでしょ。ぴんぽんでしょ」とフォロー。
そんなのも構わず、まるで関西の某市長の様にまた叫ぶ。「ビンボー」

山ノ神によると、呼び鈴のことを「ビンボー」と言っている訳ではないらしい。テレビのスイッチも「ビンボー」と言っていたので、ボタン全般を「ビンボー」と呼んでいるようだ。
今は、ボタンを押したい時に「ビンボー」と叫んでいる。
上の動画も、実家の呼び鈴を押したいから叫んでいるのだ。

和英辞書で調べたら「呼び鈴」は"bing-bong; ding-dong"とも言うらしいから、あながち愚息の発声は筋が悪いわけではないようだ。

フォーレターワーズを叫ぶよりマシとしよう。

|

« 母さん何処よ鯉のぼり | Main | これこれ杉の子起きなさい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/57393221

Listed below are links to weblogs that reference 我が家の啄木:

« 母さん何処よ鯉のぼり | Main | これこれ杉の子起きなさい »