« 今日の花子は色気がおまへんな | Main | 武蔵野で川遊び »

2013.06.14

やりかえぜ、だろ

段々キナ臭い世相になってきたのもあるけど、山ノ神は制服の匂いがするだけで拒否反応を示す。もし愚息が医学を志すなら、私は別に防衛医大でも(私の頭は「でも」なんて言えた義理はありませんが)いいと思うのだが、息子を戦場に送る可能性があることを考えたことがあるのか!と詰問される。
戦場に送り込みたくはないが、死ぬまで炬燵で丸くねってて欲しくないしねぇ。名著「ルワンダ中央銀行総裁日記」(服部正也著・中公新書)じゃないが、途上国で住民と一緒になって危険を顧みず国造りに励んでもらうのもいいと思う。

子どもの喧嘩と国家の自衛と一緒にするもんじゃないけど、「小1の息子 やられたらやり返していいのか?」(発言小町)を見て、何をこのトピ主は何をやっているのかと思った。

山ノ神にも聞いてみると、う~んと唸ったな。小1だったらやり返せって言うかな、とポツリと言った。

子どもは残酷だ。やられたらやり返さなければ、やられ続ける。喧嘩はいけないという母の言葉を守って、屈辱に耐えているトピ主の子の忸怩たる思いはどんなのだろう。私の世代であれば、親からは「やり返すまで家には入れない!」とどやされたものだ。子供時代喧嘩は苦手な私で苛められる方だったが、ちゃんと逆襲すると次回からは手を出して来なくなるものだ。まぁ、身体もデカかったからな。

このトピで武道をさせるかどうか悩んでいるが、躊躇せずやったらいいのだ。私みたいなものでも、高校の時に柔道の初段を取った。体の使い方、受け身を知るだけでとっさの身のこなしが出来るというのもあるが、柔よく剛を制すというのが理想論だと言うことも身をもって知ることが出来る。体が大きい奴には正攻法では勝てない。逃げるが勝ちだ。

冗談は閑話休題。武道は相手がいるので、相手を敬う気持ちも分かってくるんじゃないかな。これが一番大きい。

今のところ、珠算と同じく柔道などの武道をやらせたいというのは夫婦の意志が一致している。10年後の愚息は汗臭い道着を着てるかねぇ。

☆ ★ ☆

強くなって欲しいと思う愚息だが、ママ友からは「大人しい」「可愛い」と言われているとか。
先週行った区立あらかわ遊園。そこの水遊び場でのこのへっぴり腰をみたら、先が思いやられる…


■このへっぴり腰!


■かまっぽい手を何とかしろ!


■思わずしばいたった。


■一応、泣きはしなかったな。

あらかわ遊園には、動物もわんさか。この日は鷹やミミズク、フクロウとも遊べた。


■ミミズクに興味津々。でも嘴に手をやると噛みつくよ。


■このフクロウは(優しくて特別)噛みつかないというので、そっちの方へ。


水遊び場の写真は児童ポルノになるんかねぇ。

|

« 今日の花子は色気がおまへんな | Main | 武蔵野で川遊び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/57593775

Listed below are links to weblogs that reference やりかえぜ、だろ:

« 今日の花子は色気がおまへんな | Main | 武蔵野で川遊び »