« いつも泣く癖に | Main | まだまだヘタレ »

2013.07.01

還付金詐欺に母引っかかるの巻

今日午後1時半頃、私の携帯に非通知の電話が掛かってきた。仕事で使っている携帯なので、てっきり某お客さんと思って出たところ…
私「はい、○○です」
男「きゅー○×▲◇!?」(早口で何言ってるのか分からない)
私「はっ?どなたですか?」
男「きゅー○×▲◇さんは?」
私「へ?どちら様ですか?」(何や、このおっさん。間違い電話かぁ)
男「きゅー○×▲◇さん?」
私「失礼ですけども、どちらにお掛けですか?」(掛けた番号を教えてよ)
男「きゅー○×▲◇さんは?」
私「はぁ?」
男「○○さん(母の名)は?」

えっ、母の知り合いにこんなおっさんは居なかった筈。
母の端末から転送されたんか。

留守電代が勿体ないから、母の端末が電波が届かない時は、こっちの電話に転送される設定にしてるのだ。

どっかの旅行代理店かな?それにしても、母の携帯の番号を知っている人間は私と弟と母の友人(女性)だけのはず。おかしいな…
黙っていると向こうから
男「どちら様?」と言ってきた。
私「□□(私の姓)です。○○(母の名)の息子ですが」
男「…」(ガチャン!)

慌てた切り方をして、不審な電話だとこちらもやっと気が付いた。

間髪おかず、母の携帯に電話。
私「僕の前に、変な人から電話かかってこなかった?」
母「そうなのよ。今市役所のATMのところに居るの」
私「えっ?何で?」
母「何とかと言う事務所から、医療費を貰い過ぎたから、還付金を支払いますと連絡があったの。」
私「還付金貰うんだったら、自分がATMに出向く必要ないじゃない。それ詐欺だよ。母さん、困ったなぁ」
母「私も変だと思ったのよ。去年そんなに医療費を払ったことなかった筈だし。家計簿を確認したいなと思っているうちに、早くATMへと急かされたのよ」
私「でも、何で携帯の電話番号知ってるの?携帯に掛かってきたの?」
母「家の電話に掛かってきたんだけど、携帯の番号を教えてと言われたのよ」
私「馬鹿じゃない」
母「市役所にATMがあるから今から行きますと言って出て、さっき向こうから掛かってきたところだったの。役所の人には言わないでと言われたので、携帯に耳を押しつけながらそっと庁舎の階段を歩いていたら、ぶちっと切れたの」
母「で、もう一回掛かってくるの待ってたら、全然掛かってこなくて、今さっき外に出たら○○(私の名)から掛かってきたのよ」
私「詐欺詐欺。外に連れ出している間に空き巣に入ろうとしたんじゃない?急いで帰って」

この時は還付金詐欺だとは全く思いもよらなかった。
そばに住んでいる山ノ神に急いで電話。詐欺に引っかかったみたいだから、実家を見ておいてと伝えた。

その後、いろいろ聞いているうちに、世に言う還付金詐欺に母が引っかかったんだということに気が付いた。しっかりしている母がノコノコとATMまで出張るなんてねぇ。山ノ神が市役所に相談したら、地元警察を紹介された。警察によると今日だけで10件の被害相談の連絡があったと言う。母が控えたお客様番号「99****」と「49****」は、振込限度額の99万何ぼと49万何ぼだったようで、警察の人にはそれだけ狙われたんですよと諭されたとか。

最後に息子たちの出身大学、高校のことを警察から聞かれ、名簿の流出先をチェックしていたようだ。

☆ ★ ☆

もし、私が電話をしなければ、言われるままに操作したと思うと母は言う。結果的に、転送電話に私が出たので、犯人グループは息子がそばにいることに驚いて退散したとは思うが。

山ノ神は、「関西人はオレオレ詐欺に引っかからないけど、還付金詐欺にはホイホイと引っかかるんだよね。お金が返ってくるというのに、騙されるんだよねぇ。お義母さんも、関西人みたいなところあるからねぇ」と鋭いコメント。

いやはや、事件なんてほんと油断すると寄ってくるもんだねぇ。

|

« いつも泣く癖に | Main | まだまだヘタレ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/57706970

Listed below are links to weblogs that reference 還付金詐欺に母引っかかるの巻:

« いつも泣く癖に | Main | まだまだヘタレ »