« 熊楠さんの言う通り | Main | 踊るんだ »

2016.01.12

シンデレラ

3年前に亡くなった勘三郎が、子役で共演していた笹野高史の末子のことについて褒めたんだよね。芸の事じゃなくて、普段のふりのところで。
関容子の「舞台の神に愛される男たち」の笹野の項で、遊びに飛び出す前にお母さんの靴をちょんと揃えて駆け出していくのを「今時、お母さんの靴を直していく子供はいないよ」と褒めるのだ。

そんなことを亡くなった時にメモった(いろんなところを見ている)のだが、同じようなことが我が家でもあった。

今日の倅の保育園の保護者便りに、倅のことが取り上げられていたのだ。益々馬鹿親だが引用する。

~~~引用はじめ~~~
ままごとのマットに上がる時に男の子達のこんな会話が聞こえてきました。
「ここはお家だから、うわばきを脱ぐんだよね。」「そうか!」とみんな。
するとT君(筆者注、倅の事)がうわばきを脱ぐと綺麗に揃えます。「どうしてそうするの?」
他の子が聞くと、「だってお家だよ。」とT君。すると他の子が
「別にそのままでも良いんじゃないの?」と言います。
「でもさ、お家に上がる時はきれいに揃えた方が良いと思うんだよね。」に皆も「そうかぁ!」と次々に揃えました。
担任が教えなくても、子ども達が気付いた事に感動した一コマでした。後日、T君のお父さん(筆者注、私の事)にその事をお話しすると、とても嬉しそうに「そうですか!」と仰ってましたよ。
~~~引用終わり~~~

帰宅したときに、山ノ神からこの話はもしかして兄さん?と聞かれた。ああ、そうそうと答えると、吃驚していた。日記を辿ってみると1/6に先生から聞いたんだな。ブログネタにしようと思っていたら、先に保護者便りに書かれてしまった。

家の中ではちゃんと謝らない倅。叱り方をどうしようか悶々としているのを担任の先生に相談したんだな、この話を聞く前日に。一応、頭を叩いたり、ビンタはしないという信念で臨んでいるものの、熟練の先生にアドバイスを求めたんだった。先生は軽々しく何度も謝る方が良くないんじゃと言ってはくれたのだが、「ごめんごめん一反御免」と茶化して謝罪するのは、大きくなってから友達を失くす心配の方が先に立つ。

口が立つのは誰に似たのだろうか。山ノ神は口が立った方がいいと思っているようだが、私は誠意と行動が言動より前に来て欲しいんだよな。徳がある子になって欲しいんだなぁ。自分がそうじゃなかったから。

閑話休題、こんな風に褒められてしまっては、親が靴を脱ぎっぱなしにするわけにはいかないねぇ。

☆ ★ ☆


■新しいキッチンでクッキング中の倅。母を追い越して料理好きになるか??


|

« 熊楠さんの言う通り | Main | 踊るんだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/63056203

Listed below are links to weblogs that reference シンデレラ:

« 熊楠さんの言う通り | Main | 踊るんだ »