« トトロの森へ | Main | 尻は青いし、背中は赤い »

2016.07.05

田圃へGO!


5月末に申し込んだ野山北・六道山公園のお米づくりイベント事業のひとつ「里山でゆるゆる田んぼの草取り」。6月8日に当選通知が届いた。田植の応募は倍率は8倍だったそうだが、この草取りは2倍弱くらいだったのかな。当日事務局の人がびっくりしていたくらいの応募数だったそうだ。田植と稲刈が人気が高く、草取りや案山子は今一なんだそうだ。

それは兎も角、山ノ神も倅も田圃に入るのを心待ちにしていた。イベント前夜の倅の興奮の様子は今思い出しても笑ってしまう。

天気予報は芳しくなく、雨具も要る感じ。マイカーのない我が家では、大荷物の運搬は全て私の肩に懸ってくる。少ないと有難いのだけどな。

☆ ★ ☆

さて当日の6/25。何とか天気がもって、現地に到着。長距離路線の都バスで有名な「梅70」に乗っていった。「岸」バス停で降車すると、それっぽい母子(男児)が2組ほど下車。同じ便で父親が付いていたのはうちだけ。

受け付けてみると、家族総出の父親も揃ったご家庭も結構いた。
我が家は白組班ということで、浅倉班長のもと作業開始。


■9時過ぎに受付して、開会式まで民家の中庭でのんびり。ハイソックス2枚履き。


■初めて田圃に入ってみた倅。戦力には当然ならない。


■田圃作業の中休み。


■子供たちは畦で泥んこ遊び。


■こりゃ、大トトロ、小トトロだな…

実は私自身も足をいれたのは田圃は初めてだった。当然倅も初めてで、おっかなびっくりで山ノ神にくっ付いて田圃に入っていった。
ネットで有機栽培の田圃を見ると、大人は稲4列で作業をしているようだが、このイベントでは3列を進んでいった。結構、指を使ってしんどい。潮干狩りの時もしんどかったが、これもきつかった。おまけに、潮干狩りと違って爪にビッチリ土が入る。夕方、近くの「武蔵村山 かたくりの湯」の温泉でゆっくりしたから、爪掃除出来たが、昔の田圃のお百姓さんは子供みたいに爪の先は土だらけだったろうな。

作業は小1時間で10分くらい休憩。午前中は2度くらい休んだ。一番麓の田圃で小川からも遠かったからか、田圃の中で見つけた生き物はアメンボとヤンマのヤゴくらいだった。まぁ、エサの蛙が居なかったからか、危険なヤマカガシには出会わずに済んだ。


☆ ★ ☆

お昼は、昨年この田圃で収穫した古代米のお握り(塩、炊き込み)の炊き出しも貰って午後の作業へ。我が家は倅をパークレンジャーと一緒に雑木林探検や里山の生きものを観察する「里山発見プログラム」に参加。大人たちは棚田の上の方を何枚も作業するので、うちもそうしようかと悩んだが、4歳児を一人にするわけにも行かず3人揃って草取り作業から離脱したのでした。



■ヤマカガシの子供に触らせてもらう倅。子供たちは大喜び。ヨイ子はマネしちゃダメだよ~

メイン講師の杉山レンジャーさんは始めに今日の田圃作業の前に田圃で捕獲したヤマカガシの子供を説明した。動物園や爬虫類館以外で生を見たのは初めてだ。青大将は雑木林で結構見ているんだけど。彼奴の奥歯以外に毒があることを初めて知った。この首の後ろの毒は、エサのヒキガエルの毒が元なのだそうだ。

エゴノキの実で石鹸を作る話や捩花の話、田圃にあるアライグマの足跡、鳥に食べられそうになった泥鰌など、面白いものを紹介してもらった。


■昆虫館以外で初めて見る生きたナナフシ

驚いたのは、このヤマカガシの対処。処分すると思っていたら、午前で作業が終わった田圃へ逃がしてやったのだ。本当に生態系に手を加えないスタンスなんだな。

↓田圃ではこんな様子。

14時半に閉会式があって、ちびっこの感想を聞いたり、他のご家族の様子を伺ったりして解散。我が家は単発スポットの参加だったけど、年間通してのボランティア制度もあって、一般スポットの抽選を経ずに参加できるということも知った。

☆ ★ ☆

おうちに帰って、エゴノキの実の石鹸の実験を再現。

エゴノキって、エグイの語源なんだね。また一つ賢くなった。

☆ ★ ☆

さて、帰り道に、衝撃の事実が!

倅「田圃って何?」

来年は、別の団体で田植え以外の「純粋な泥んこ遊び」のイベントを見つけたから、そこにもエントリーしてみるか。

|

« トトロの森へ | Main | 尻は青いし、背中は赤い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/63874276

Listed below are links to weblogs that reference 田圃へGO!:

« トトロの森へ | Main | 尻は青いし、背中は赤い »