« お命頂戴 | Main | クリスマスは来ましたか »

2016.12.08

すずさんに会いに行く

今日12月8日は真珠湾攻撃75年め。先月末、加藤陽子の「戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗」(朝日出版社)を読んで、遣唐使の見方に始まって、リットン調査団の評価など、教科書を素通りしてきたことが多いことに愕然とした。歴史については、普通の人よりも詳しく薀蓄を貯め込んでいる私でさえ、こんなに穴だらけなんだから、普通の市民や国民をやなんだろうな。

文中で昭和天皇とゾルゲ事件の尾崎秀実がいみじくも「国民に対して同じ趣旨の諦め(負けないと国民は理解しないだろうということ)」を語っているのが印象に残る。

☆ ★ ☆

我が家でも「この世界の片隅に」(こうの史代)の上中下3巻をちゃんと新刊で買い(3刷だった)、先週の日曜日、大泉のT・ジョイで掛かることになったので親子3人で見てきた。映画を見る前に、原作は読んで行かなかったけど。

13時半の回で残席数10位しか無かったかな。お年寄りも多かった。


■記念の絵葉書。人さらいのシーンだな。

中々よく調べてて、凄い映画だった(山ノ神は原作のリアルさに驚嘆しておった)。アンナンなってしまうんだ…実写じゃないから、リアルなのもあるのかも知れないな。背景を知っているから、こんなことまで触れているのかと驚くのだが、もしそんなものがない人だったら、どこまで分るのかな。外国人なら特に。と思いつつも、何かのきっかけになって、この太平洋戦争のことを知ってもらえればいいのかもしれないな。

狂言でも前知識なしで見て欲しいと考えていたんだからな。

☆ ★ ☆

5歳児のチビはシン・ゴジラに続いて映画館2回目。今回も何とか持った。と思っていたが、隣に座った山ノ神には「いつ終わるの?」と昭和19年辺りから聞いていたんだそうだ。 私は後ろの席だったので、そこまで気が付かなかった。


■帰宅後、毎晩この漫画を眺めている倅。まだ字は読めないんだけどさ。

私もぽつぽつと原作を読んでます。お奨めです。

☆ ★ ☆

ツイッターで「この世界の片隅に」の映画についてのTLを栞RT(後でtwilogで検索できるように)してたら、大量のリツイートで爆死。RT元からも苦言を貰ってしまった。今後はRTする時は、公式RTと@抜きで栞RTすることにした。

|

« お命頂戴 | Main | クリスマスは来ましたか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2536/64599842

Listed below are links to weblogs that reference すずさんに会いに行く:

« お命頂戴 | Main | クリスマスは来ましたか »