狂言ぶ録

2018.11.12

万乃会(万酔会)まであと1週間を切りました

万乃会(万酔会)まで、残すところあと1週間を切った。

先月辺りから、倅に対して毎日運足の稽古、足を掛けて回る稽古を付け焼刃の様にしている。


■通し稽古は週末近所の集会施設で。

何せ、人間国宝先生に手取り足取り、否、殆ど足取りばかりして貰っている。
師範稽古が終って、復習の稽古を親子でしても、中々分らない様だ。
それでも、何とか最近になって、ましになったかなぁ。

運足は、からくり義衛門のお茶汲み人形みたいにす・す・すと歩け!
しっかり、足を掛けて、腰を入れてユックリ回れ!
前を向け、キョロキョロスルな、目をパチクリさせるな!

これを毎日5分やらせる。
10分は無理だ。
5分なら出来る。

毎日やると本当に少しはましになるね。

☆ ★ ☆

小さなことを毎日続けるって、効果があるんだな。
私も人間ドックの結果に反省して、6月下旬から「ほぼ毎日」500m泳いでいる。平泳ぎ250m+クロール250m。大体10分~15分。これなら翌日に疲れが残らないし、えいやぁ!で続けられるのだ。

始める前はどの数値もアウトだったけど、4カ月も経つと、糖質だけあとコンマ数ポイントオーバーという処まで来た。血液が入れ替わるのに3カ月かかると聞いていたけど、本当に入れ替わった。

体重はあんまり落ちてないんだけどね。
ウエストは10センチ近く細くなったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.10.10

2018年の万乃会(万酔会)情報【確報】

本日、万乃会の番組詳細が判明しました。


■今年は私がチビに投げれれマス… 10分くらいの小曲ですが、このバカ息子の役ドコロが、実際の倅と瓜二つ三つ四つ。どこがそうなのかは、観てのお楽しみ。

ご案内します。

【PDFはここ】

第31回 万乃会

目黒・喜多六平太記念能楽堂
(〒141-0021 東京都品川区上大崎4-6-9/TEL:03-3491-8813)
※目黒駅より徒歩7分。目黒駅西口よりさくら情報システム裏手のドレメ通りを直進し、杉野学園体育館手前を左に入る。

2018年11月18日(日) 10時開演

☆ ★ ☆

【★は万酔会メンバー出演】

10時~
  福の神
  痺
  独吟 業平餅
  小舞 貝づくし
     鵜の舞

 ★入間川(大名:塩谷さん、太郎冠者:宮崎さん、入間の何某:大野さん)

10:50前後
 ★伊呂波(子:倅、親:私)<--------バカ親子登場!

  昆布売
 ★文荷 (太郎冠者:西本さん、次郎冠者:森井さん、主:眞鍋さん)
  萩大名
  魚説法

12:30頃
 ★文相撲(大名:朝生さん、太郎冠者:小井沢さん、新参の者:加藤茂夫さん)
  
  茶壺
 ★貰聟(夫:土屋さん、舅:竜楽さん、妻:池田さん)
  雷
  瓜盗人

  小舞 海道下り
     七つ子
     楽阿弥
  間語 石橋

 ★薩摩守(僧:勝山さん、船頭:福田さん、茶屋:陸田さん)
  隠狸

16:30頃
  膏薬煉
  宗八
  蝸牛

17:40終演予定

☆ ★ ☆


■週末は近所の和室で台風が来ようが稽古。毎朝運足だけでもやっているんですが、どうかなぁ。

☆ ★ ☆

今年の万乃会は朝早くから混む可能性があります。
何故かはここでは言いません。

それは兎も角、お時間がありましたら、是非ご来場ください。

☆ ★ ☆

蛇足ですが、倅はプラレールを卒業したようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.04.12

いろはにポテト

秋11/18(日)の目黒の喜多能楽堂での万乃会に向けて、今年の狂言の稽古がスタート。
昨年は台詞のなかった倅も、今年はしっかりと言葉がある曲「伊呂波」。狂言で親子の役柄は聟物を別とするとそんなに多くない。子供が金法師(かなぼうし)となるのはこの伊呂波と金津地蔵くらい。流石に金津地蔵をお稽古するのは恐れ多いしね。

一昨年の痺(しびり)の時  (※動画)は、字が読めないのが前提だったけど、今度は6歳で字も読める。台本を読み易いように平仮名で書きました。習字は昔取った杵柄だしね。

倅はなかなかじっとし取れなく、万作先生に正座の仕方を注意されたり(普段、ちゃんと声が出てるか胸に手を当てて震えるように声を出せと行っていたら、バカ珍が師範稽古でもやりやがった…)、前を向けと注意されたり、先生の後で声を出せと言われているのに、一緒になって言ってみたり。字を追うと声が小さくなるから、「自然とやっているうちに言葉を覚えると言い。先生の口移しでやろう」と仰ってもらって、ほくりほくりと習っております。

ぐったり。二人分お稽古している感じ。

さて、この伊呂波。倅には「いろは歌」を教えていなかったので、初めて口にすることになる。何と、「いろはにほへと」が「いろはにポテト」と言ってやがる。あちゃちゃ~。下の音声がその部分。

おだてすかして、どこまでしっかりできるかねぇ。8か月あるから、しっかりやらないと。万作先生には「親次第」と言われてますしね。

☆ ★ ☆

と言う訳で、今年の万乃会(万酔会)は、11/18(日)@目黒・喜多能楽堂。いつもの渋谷・セルリアン能楽堂ではありません。
万酔会メンバーの曲は、

伊呂波
入間川
薩摩守
文相撲
貰聟
文荷

といったところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.30

禰宜山伏動画情報(脇方面)

木枯らし一号が東京にも吹いたそうですが、こちらは会社の子が脇正面からスマホで撮影した動画を見て暑くなっているようです。(山ノ神のこと)


■チビ(大黒天)は22:20~登場

30分もあるのに、ずっとぶれずに取ってくれたのでした。感謝です。
チビ目的で撮ってくれてたようなので、いつ出るのか、いつ出るのかと、草臥れてたようです。

☆ ★ ☆

ファイルを貰った時に聞いたのですが、大黒天が出る前まで幕内がガヤガヤしてて五月蠅かったと言うことも耳にしました。そうだんたんか?舞台で演じている方は全く気が付きませんでした。

それから、チビの台詞が無くて寂しかったとも。人気者やなぁ~~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.29

第30回万乃会ご来場御礼

足元の悪い中、第30回万乃会(万酔会)にご来場ありがとうございました。また、お気遣いも頂き恐縮です。



■大黒の面を着けずに、直面となったチビの大黒天。


■山伏を打ち込む様子。

大人どもは台詞や型でもトチリをやらかしてましたが、チビの大黒天は今までで一番良かった。袋も装束に縫い付けられてたみたいで、落とす心配もなかったんだとか。万作先生にも、良かったねと言われて、親としてはホッとしていますが、来年も親子でよろしくお願いしますと言うと「エエエー」という感じの反応が… 今年の会の番組見たら、大変だったしねぇ。

☆ ★ ☆

ここからは当日の様子をば。


■一応、朝、合わせました。小道具の変更もあったしね。


■山伏より強そうと言われた茶屋。まずは仲裁。


■やはり山伏が強そうですよね。


■大黒天を守りました。台詞も無いし、両手が塞がってるから、見所に手を振る心配なし!


■当日変更で、床几なし。


■まず、一撃。


■小槌はデカい

☆ ★ ☆



■パーティでは2つ年上の悠太君にべったり。玩具の光るグラサンで決めてます。


■演者の一言も大分堂にいってましたな。わしよりもね!

☆ ★ ☆

来年は、セリフもあって親子でしっかりお稽古できる曲が出来るといいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.25

2017年の万乃会(万酔会)情報【確報】

本日、手許に万乃会の番組が届きました。

ご案内します。

【PDFはここ】

第30回 万乃会

渋谷・セルリアンタワー能楽堂

2017年10月28日(土) 10時半開演


☆ ★ ☆

【★は万酔会メンバー出演】

10時半~
  痺
 ★禰宜山伏(山伏:加藤さん、禰宜:池田さん、茶屋:私、倅:大黒天)<----- 私・倅親子登場
  小舞 芦刈
     貝づくし
     海老救川
     鐘の音
  井杭

11:50頃
  地蔵舞
 ★磁石 (人買:小井沢さん、田舎者:大野さん、茶屋:竜楽さん)
  寝音曲
  水汲

13:50頃
  柑子
  萩大名
  川上
 ★小舞 海道下り(森井さん)
     田植
     道明寺
     景清 後
 ★千鳥 (太郎冠者:陸田さん、酒屋:西本さん、主:眞鍋さん)

     岩船 三段之舞
15:40頃
 ★鬮罪人(太郎冠者:福田さん、主:宮崎さん、連中:勝山さん、朝生さん、土屋さん、塩谷さん)

  独吟 業平餅
  小舞 宇治の晒
     土車
     七つ子
     大原木

  語 奈須与市語

16:50頃
  附子
  名取川
  首引

18:05終演予定

☆ ★ ☆


※禰宜山伏は2004年の万酔会でシテの山伏をやらせてもらっています。13年振りです。当時は大河ドラマ、清盛の前年だったんですよね。結局見てないけど。

☆ ★ ☆

昨年の痺で、絶句して後見をチラ見した上、舞台上で手を振ったチビ!
今年は、大黒天だから

1.台詞なし=絶句の心配なし!
2.右手に小槌、左手に袋を持っている=手を振る心配なし!

ただ、残念なのは大黒の面を着けることになったので、顔を見せられない… 残念。

そんな戯言は兎も角、お時間がありましたら、是非ご来場ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.17

2017年の万乃会(万酔会)情報【遅報】

7月に入ってから、公私ともにバタバタしており、本ブログのサイトに手が回っておりません。
が、来月末に恒例の狂言の発表会が迫っており、取り急ぎ告知します。

☆ ★ ☆

今年の2017年の万乃会(万酔会)は、例年と同じ 渋谷・セルリアンタワー能楽堂

2017年10月28日(土) 10時半開演

です。

万酔会メンバーの出番(他の社中の番組は現在把握しておりません)は、次の通り。

☆ ★ ☆

10時半から 2曲目に
・禰宜山伏(私=茶屋と倅=大黒天が登場)


※禰宜山伏は2004年の万酔会でシテの山伏をやらせてもらっています。13年振りです。当時は大河ドラマ、清盛の前年だったんですよね。結局見てないけど。


昼頃
・磁石

(数番あって)

・千鳥

(2番あって)

15時40分頃
・鬮罪人

詳細が分り次第、また告知します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.29

唐人相撲月間終了

3月最終週から始まった唐人相撲月間も、先週土曜の大阪フェスティバルホール祝祭興業をもってあっという間に終了。早1週間経ちました。

いつもならとっくに飾っていた五月人形や鯉幟も、先日慌てて押入、天袋から出してきたところ。飾るとやっぱり節句の爽やかさを感じます。

チビは楽屋のモニタでしか見ていないが、唐人相撲の台詞がお気に入り。ホーチャーやチントンリョウより、ズウキイクウの方がお気に入りのようだ。下の動画の様に、しょっちゅう演っている。


■これは世田谷の楽屋。本当に展示物みたいな文官。

当然のように大阪公演に一家揃って西上。2600人のキャパがどんな感じになるのか、演る方は戦々恐々、チビは爺ちゃん婆ちゃんに会えるのでウキウキの道中。


■左上、右下の舞台写真は世田谷公演のもの。公式サイトから。やっぱり、ワシは太いなぁ。


■稽古後、出番を待つ大阪での楽屋。時間有りすぎたんだな。


■そうこうしているうちに、大入り袋が!破らずに振って出すのがしきたりなんだって?

☆ ★ ☆

大阪バージョンの台詞を考えたり、フェスティバルホールの舞台に合わせた微調整をしたり。2週間のブランクを当日の申合せで調整。大過なくと言いたいところだったが、私個人は出番の直前、暗闇の中で足踏み外して転倒。強か膝と手を打った。装束が破れなかったか、冠や笏などの小道具が壊れなかったか、一瞬冷や汗をかいた。大事なくて良かった。

大阪のお客さんは万作師皇帝のコロッケ台詞はスルーしたものの、他の台詞では大受け。優しいなぁ。受けまくりながら終演。演者は機嫌よく撤収しておりました。

☆ ★ ☆

次回は10年後なのか、その前なのか。もしかしたら数年後にお祝いの会という声もあるけど… 数年後だったら、チビの唐子の目があるかもね。分からんが。

☆ ★ ☆

今回、万作の会の各師の素人弟子の方々も集まって、私にとってはオール万作一門という場に参加できたのが良かったかな。万之介先生ご存命中に出ておけばという気もしなかったでもないが、50の節目の歳にやったということも意味があるかもしれない。

深田師、高野師と間近に接する機会もなかったので今まで分らなかったが、深田師の教え上手には感心した。

石田師も私が大阪の毎日新聞に居たことを覚えていて、これもビックリしたなぁ。

機会があるなら、こういうお祭りに参加すべきだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.17

今週末は大阪で唐人相撲

3日間の世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演「唐人相撲」がも無事終えて1週間。

今週末は、大阪フェスティバルホールにて今回の唐人チームのラスト公演。5倍以上のキャパの2600人席。後ろの席の方は、オペラグラス必携ですね。

世田谷PT公演を見た友人は「唐人の中で一番強そうでした」とのコメント。

打上でもM師も「折角大きなキャラなのに当て書きできなかったのか心残り」と言う始末。


■未就学児入場不可なので、楽屋のモニタで鑑賞のチビ。

今回は残念ながらチビを客席に入れられず、上記写真のように楽屋のモニタで鑑賞させた。稽古場に連れて行くことも考えたけど、こちらが稽古に集中できなくなる恐れもあって、断念。

次の唐人相撲が掛かる時に、チビも出られたらなと思って唐子4人の様子を観察したのだった。
稽古のウエアを見たら、バ○ィ幼児園らしき文字が… そりゃ、体操はお手の物だな!

☆ ★ ☆

世田谷PTの託児所にも、劇場のモニターが装備されていたようで、保育士の先生に万作先生に習っているんだとか、お父さんが唐人に出ていると説明をしていた模様。チビ自身は、ホーチャーより、ズーキークーの方が気に入っていたらしい。


■舞台がはねたら、キャロットの最上階で子守サービス。辛いねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.07

愈々、唐人相撲初日

いよいよ世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演「唐人相撲」が今日から開演です。

今日は装束着けて通し稽古。

私の装束は、制作が一番心配しておりました。

着られるかどうか?という点です。

石田先生も私の顔を見るなり「着られなかったんだってぇ」と衣装合わせの時の情報をスパッと返してきましたからね。

武官達は、身長180センチを超える体格の良い方々もようけ居るのですが、文官は小太りの老人をイメージした役柄なのか、はたまた万作の会の先生方は巨漢が居りませんので…

で、何とか、着られました。

でも、私だけ胴着着てないです。ふははははは。

☆ ★ ☆

通しの後、相撲の処の稽古で、ステンと滑ってこけた。初めてこけたけど、稽古の時で良かった。

と言う訳で、舞台上手のモンゴル横綱が私です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧